テニスのポイントについて

比較的ポピュラーな話題ですが、知らない人も結構いるようなので、よく聞かれる質問をまとめてみました。

Q:テニス競技におけるカウント「0,15,30,40」の由来を教えてください。
Q:では、なぜ「ゼロ」といわずに「ラブ」というのでしょう?
Q:15(フィフティーン)をファイブとコールする人がいるのですが
Q:"Smooth"や"Rough"とは言わず、"Up"と"Down"っていうんですか?
Q:飾りガットは、どんなものですか?

テニス競技におけるカウント「0,15,30,40」の由来を教えてください。
    諸説いろいろあるのですが、代表的でわかりやすいものを説明します。
    (実は、他の説はあまり詳しく知らない!?詳しい人いたら教えて!!!)
    まず、時計を考えます。60分で1時間。
    昔の人は、コートの横に時計を持ち出して、それで得点をあらわしていました。
    欧米には half(1/2),quarter(1/4)という昔からの概念を使って、60分を4分割 して、15−30−45−60と4ポイントとると、得点掲示板に「1」と記録したのです。
    でも、いまは15−30−40−game となっています?何故かというと.....

    英語が得意なイギリスの人も 'forty-five' はチョットいいづらいようで、"forty" と呼ぶようになってしまったのです。


では、なぜ「ゼロ」といわずに「ラブ」というのでしょう?
    これも、諸説あるのですが.....例によって、これしかしらない(^_^;)
    テニスは、フランスの王侯貴族の遊びから発展したものです。王様たちが、ゼロ「0」という形を「卵」に見立てて l'oeuf (ルフ)とコールするようになったのです。
    そして、フランスからイギリスにテニスが伝わった時に、ルフという音を、ラヴと勘違いして、世界に広まってしまったのです。
    ルフが、ラヴ?ちょっと不思議に思うかも知れませんが、Sawing Machine(ソーイングマシン)が、日本に伝わったときに、ミシンになってしまったようなものです。
    ですから、"I love you"の "LOVE" とはぜんぜん関係ありません。

    フランスではゼロを「卵」に見立てたのですが、日本では「おだんご」にみたてています。

      『あいつに、ダンゴを食らってしまった!』(「6−0」で負けること)
      ダンゴで負けるのだけは止めようぜ』
    こんな感じで話しをします。


15(フィフティーン)をファイブとコールする人がいたのですが
先日、あるテニス仲間が、15をファイブとコールしているのに気がつきました。 他にも同じコールの仕方をする人を発見してからは、 『もしや、新ルール?』 『45』に続いて発音しにくい『15』を日本人が変えたとか?(^_^;;).... 『ファ〜イブ、ラヴ』とか聞くと、以外と新鮮です。
    アメリカの人も、"40-15"のことを "Forty-Five" とコールしています。
    45が40に変わってしまっている現在、ポイントコールは『0−15−30−40−game』となっていますから、1の位に「5」がつくのは、fifteen だけになっているのです。
    省略ついでに、15を"five"と発音しているようです。

    45(Forty-five)が、40(Forty)になってそのうち、また Forty-Five(40-15)となってきたっていうのは、結構おもしろいし、お友達にエラソウにウンチクを言えるのでは?

    ついでにあるアメリカ人との会話でおもしろいことがあったので お伝えしておきましょう。

    1)サーブ権を決めるトスの時に『B or P ?』『W or M ?』というらしい?

      理由を聞いてみると、プリンスのラケットを使っている人達が、トスのとき 「Which?」とか「Smooth or Rough?」と聞くのは「もう古い!」とのことで す。
      プリンスのラケットがはやる前はウィルソンが有名だったらしく、グリ ップエンドのマークを見せて「W? or M?」とやっていたそうです!
      なるほどね〜っと思ったのに...あれ?プリンスの「P」マークをひっくり返すと「d」になるはずなのに!? 『「P? or D?」が正しいのにな〜』と思ったのですが......そのアメリカ人は、もう帰国しちゃったので理由は聞けませんでした(^_^;)

      B or P について、身近にアメリカのお友達がいる人は尋ねてみてください。 その人たちだけのローカルルールかもしれないので....(^.^)

    2)ダブルスでパートナーと入れ代わる時に「チェンジ!」とはいわない?

      そのアメリカ人とダブルスした時に、私が"Change!"といったら、一応は うまく、サイドを入れ替えることを伝えられたのですが、そのあと
        『アメリカじゃ、'Change !' と言われてもわからない!』
        『そういう時は、'Switch !'とか'Swap !'と言うんだよ!』
      と教えてくれました。
      そういえば、野球のバッターは「チェンジヒッター」とは言わず『スイッチヒッター』といっていますね。

最近は、"Smooth"や"Rough"とは言わず、"Up"と"Down"っていうんですか?
この方がずっとわかりやすく、(だって、初心者はSmoothってどっち?っていう人がいる)スマートですよね。 どうなんでしょう、かなり使われているのでしょうか?
    このほうが、圧倒的にわかりやすいですよね。ヤマハ以外は...(^_^;)
    トスについて、ルールブックを探してみたのですが、サーブの選択権は、トスで決める。としか記載されていないので、「トスは〜のように、しなければならない」というきまりはなさそうです。
    一般的には、Up or Down ? という方が多くなっているような気もしますが...詳しくは分かりませんでした。

    私のスクールでは、一応 "Smooth?or Rough?" を教えています。そのために、わざわざ飾りガットのついたラケットを準備しています。
    そういえば、最近飾りガットをつけている人っていませんね?
    どうしてなのでしょう?メンドクサイからなのですかね?
    ちなみに tacco は、ここ5年以上も飾りガットをつけたことはありません! なんたって飾りガットを付けるのはメンドクサイ!ものですから(^。^;)


飾りガットとは、どんなものですか?
"Smooth","Rough"の語源が飾りガットにあるそうなのですが、私は実物をはっきり見たことがないのです。どんなものなのですか?
    飾りガットは、右の図のようにつけていました。 縦糸に巻き付けながら、一方が平坦になるように取り付けます。横から見ると、 となっているので、飾りガットが平坦な場合を Smooth(なめらかな)、 裏で、ガタガタしている方を Rough(ざらさざした) と呼びます。

    その昔、グリップエンドは何も加工されていなくて、素材の材木が見えていた ような状況だったので、グリップエンドを使って "Up""Down" といった言い方が出来なかったのです。

    テニスショップで、飾りガットを注文してみると良いと思いますよ。
    「百聞は一見にしかず」ということもありますし.....
    ただ、やってくれるかな?結構手間がかかるのでショップの人がいやがるかもしれません(^。^)


HORIBA INTERNATIONAL TENNIS