聖書を簡単に学びたい人も、深く学びたい人も・・・・   English

 キリスト教読み物サイト

キリスト教のABCからXYZまで!
わかりやすい聖書解説誌(紙の本だったときの)月刊レムナント久保有政 主筆)に掲載された
記事を中心にいろいろ公開しています。学び、伝道、教会活動等にご自由にお役立て下さい。
(伝統的プロテスタントの流れをくんだ福音信仰、聖書信仰のキリスト教です)

少しずつ追加しています。ぜひ、たびたび訪れて下さい。
月間来場者数15万人、閲覧数20万ページを突破しました! ご愛顧に感謝いたします。

クイック移動: キリスト教入門 比較宗教 創造論 聖書  キリスト 聖霊 キリスト教 信仰・救い 死後の世界 終末と新世界 摂理 デボーション 信仰に関するメッセージ 日本に関するメッセージ 日本近代史 古代日本とユダヤ・キリスト教 集会メッセージ(音声) 聖書講義ビデオ(YouTube) その他 掲示板 英語読み物

  


月刊レムナント誌 再開しました! 

PDF版 印刷可能です。パソコン、スマホ、タブレット等で読む以外に、紙に印刷して読むこともできます。

2016年6月号を無料試読!

【2016年6月号の内容】
ヨベルの年と世界 今年2016年は、ユダヤでいうヨベルの年(恵みの年)。何かが起こるのだろうか。
光明皇后と景教  景教(ネストリウス派キリスト教)の影響を深く受けた光明皇后の業績と生涯。
血液型/肌色/言語の起源 今日様々に変化したそれらはアダムとエバの時はどうだったのか? 科学的創造論から解説。
臨死共有体験 死にゆく者の臨死体験、死後体験を、その部屋にいる周囲の健康な者が共有し、体験してしまう現象。
終末の独裁者 「獣」の登場 聖書によれば彼は、昔いた者の再来である。終末時代の独裁者の正体を探る。
英語でイソップ物語 音声も聴けます。

予約購読がお勧めです(半年1,680円)

Amazonkindle電子書籍版(280円/1冊)もあります  (紙の本はまだありません)

新着! 
聖書と日本フォーラム諏訪での講演(Youtubeビデオ)
御頭祭(イサクの祭)について久保有政が解説(2014年4月15日)

キリスト教入門(1)聖書とはどんな書物?
(YouTubeビデオ)聖書が人類に与えた影響、その他。
神はなぜサタンの誘惑を許容されたのか
悪の問題と世界の終末

エントロピーと化石が創造論を支持する
確率的にタンパク質一つも偶然に生まれないのに・・。

なぜ悪や苦しみがあるのか
悪の問題と世界の終末

マハトマ・ガンジー 
非暴力運動。
悲哀の使命
語り手 新渡戸稲造

仏教徒の方々の質問にお答えして(2) 


キリスト教入門 
 (わかりやすく解説します)

聖書という書物
 聖書を信じる理由をわかりやすく解説する。
有名人の聖書観 
聖書はなぜ人々に愛されるのか。
神を知る 
 神のご存在とそのご性質について。
人間の幸福と不幸
 人間の本当の幸福、また本当の不幸とは何か。
キリストというおかた
 イエス・キリストはどんなおかたか。
信仰の道
 神・キリストを信じるとはどういうことか。
生きるということ
 人生は旅である。神と共に歩むとき、人生は真に幸福なものとなる。
七重の福音
 新生・聖霊充満・神癒・経済的祝福・家系的祝福・天国・再臨の福音
死後の世界
 クリスチャンは死後「天国」へ行き、未信者は死後「陰府」へ行く。
キリスト教質疑応答集
 疑問を通して理解を深める。
「なぜでしょうか」
 月岡世光師による、神の創造のみわざに関するわかりやすい話。科学と人生について。
キリスト教ってどんな教えですか
 簡単に教えてください。
新生の経験
 真の幸福をつかむために(D.L.ムーディ)。
「わら」的宗教・「アヘン」的宗教と「いのちのパン」的宗教 
 まことの幸福と生命の輝きをもたらす教えは、イエス・キリストの福音のほかにない。
クリスチャンは二度生まれる 
 一度生まれた者は二度死に、二度生まれた者は一度死ぬ。
人生の目的は何ですか 
人は何のために生きるべきでしょうか。
聖書の神以外に神なし 
私たちはどの神様を信じたらよいのか。
はかりしれない愛 
D.L.ムーディが神の愛を熱っぽく語る。

私たちを守る神
D.L.ムーディ

光を放つ言葉 

■比較宗教 
 (比べてみて初めてよくわかることがありますね!)

(仏教とキリスト教)
イエスとシャカの違い 
 聖書の「サマリヤの女」の記事にみる仏教とキリスト教の違い
仏教の「仏」とキリスト教の「神」 
 もともと仏教は無神論的だったが、やがて有神論的になった。なぜ?
法華経と聖書 
 法華経の三大思想はなぜ聖書によく似ているのか。
創価学会の「幸福論」キリスト教の「幸福論」 
 比較しつつ「真の幸福」について考える。
阿弥陀仏とキリスト 
 阿弥陀仏の名のもとに求められてきた救い主の本体はキリストにある。

(電子書籍)仏教の仏とキリスト教の神(久保有政著)
 「仏」と「神」、「戒律」と「律法」、「涅槃」と「永遠の生命」、「欲望」と「罪」、「修行」と「贖い」 、「慈悲」と「愛」など、仏教とキリスト教の最も重要な教えを比較。
 Kindle電子書籍端末や、iPhone, iPad, Androidタブレット、スマホ等で読めます(無料Kindleアプリを入れてください)

仏教徒の方々の質問にお答えして 
仏教徒の方々の質問にお答えして(2) 

(イスラム教とキリスト教)
イスラム教はどんな教えですか  
マホメットの聖書知識は不正確だった。

■創造論
 
(科学的創造論、創造科学、反進化論、ID理論)

手短かに知りたいかたは
「創造か進化か」トラクト
 山形大学の月岡世光・元講師による、進化論と創造論に関するわかりやすい話。進化論は健全な科学の証拠に基づいていない。

詳しく知りたいかたは)
地球の誕生
 科学上の説明は、しだいに聖書の記述内容に近づいてきている。
わかる組織神学 創造論 
創造の証明・宇宙自然の創造・人の創造。
宇宙は絶妙な知恵によって創造された
私たちの宇宙は絶妙なコントロールのもとに、「知的生命のいる宇宙」となっている。

恐竜は最近まで生きていた 
恐竜はなぜ絶滅したか。
エントロピーと化石が創造論を支持する
確率的にタンパク質一つも偶然に生まれないのに・・。
卵が先か鶏が先か? 
卵が先ではあり得ない。
民族の起源
 聖書の記述から諸民族の起源がわかる。
人間が草食だった時代 
人間が草食で、たくましい肉体を持つことは可能か。
カレン族に先祖代々伝わるヤハウェ信仰 
ミャンマー(旧ビルマ)のカレン族は、創世記の記録に驚くほど似通った記憶を、先祖代々言い伝えてきた。
創造論Q&A
 よくある質問に答える
人間の霊(魂)とは何ですか 
「霊」と「魂」は違うのですか?

(電子書籍)【改訂版】科学の説明が聖書に近づいた地球と生命の誕生に関し―(久保有政著)
 宇宙、地球、陸・海・空の起源や、生物の起源、人類の誕生に関する科学の説明が、聖書に近づいた。今や進化論を科学的に否定し、創造論(創造科学)に立つ科学者が世界中で増えつつある。
 Kindle電子書籍端末や、iPhone, iPad, Androidタブレット、スマホ等で読めます(無料Kindleアプリを入れてください)

■聖書 (聖書ってどんな書物?)

聖書は神からの書物 
聖書は神からの啓示を記した書物。
聖書にそう書かれていますか 
あなたは曲解していませんか。
考古学と聖書
 考古学上の発見は、聖書の正確さを裏づけている。
誤用の聖書知識 
間違って理解していませんか。
聖書は矛盾していない 
 「カインはどこから妻を得たか」「太陽が造られる前に光が創造されたという創世記の記述は矛盾か」、その他の疑問に答える。
66巻のキリスト 
聖書66巻はすべてキリストを指し示す。
聖書の数学―その驚異 
聖書のゲマトリア。
漢字は聖書の真理を表す 
聖書の真理を表した漢字が、なぜこうも多いのか。
律法の温かさ 
旧約聖書の律法は、血の通った、じつに温かいものである。
予言されたユダヤ民族の歴史 
すべてが聖書に予言されていた。
予言された諸国の興亡 
ヤペテ系民族、ツロ、バビロン、終末の列強国。
男と女の神学 
聖書が明かす「男と女」の存在意義。
「ひとりの人」の罪がなぜ全人類に及んだのですか 
父祖と子孫の間を支配する原理――「民一性」。
善悪の起源
私たちの世界にはなぜ、善と悪、命と死、幸福と不幸が同居しているのか。
わかる組織神学 予型論 
聖書の中には"予言"だけでなく、"予型"がある。
三日間の死と昇天
エノク、イサク、エリヤ、ヨナとイエス・キリスト。
モーセとヨシュア
モーセとヨシュアにみるイエスの型。
ダビデ
ダビデの詩篇がキリストにおいて「成就した」といわれるのはなぜか。
過越
人間界の夜中に過越が起こる。
出エジプト
キリストの十字架死と復活は、"第2のエクソダス"である。
アダムの皮衣
キリストによる「義の衣」の予型としての皮衣。
大祭司
キリストは永遠の大祭司。
水と火による審判
聖書における水と火による審判。

■神 (神さまってどんなおかた?)

わかる組織神学 神論 
神の存在証明・ご性質・神の御名。
三位一体論 
神の三位一体とはどういうことか?キリストの神性について。

神の父性と母性 
神は単なる厳父ではない。慈母のようなかたでもある。
神の御名と神聖四字 
神のお名前ヤハウェについて、なぜ「主」と置き換えられたのか。またなぜ「エホバ」とも言われたのか。
神は予知して予定される 
神は予知に基づいて計画し、それを実行するために予定される。
無神論の結末 
「人生は無意味だ」「世界はばかげている」の結末。

キリスト (イエス・キリストとは?)

イエスのご降誕 
イエスのご誕生と成長。
イエスの宣教の開始 
その公生涯の意味。
イエスの奇跡 
奇跡には法則性がある。
イエスの倫理の教え 
心の貧しい人々、悲しんでいる人々、柔和な人々、
義に飢えかわいている人々は、さいわいである。
予言されたキリストのご生涯
キリストのご生涯の主な事柄は、すべて予言されていた。
予言されたキリストの国
この世の国の興亡と「永遠の国」。
「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」と言われたキリストの真意。 
キリストは、詩篇22篇にうたわれた偉大な救いが十字架においてなされることを示された。
キリストの血は語る 
それは「のろいからの解放」「刑罰からの解放」
「罪の力からの解放」「死からの解放」を告げ知らせている。
キリスト論 
キリストのご生涯とその事業、キリストの十字架、キリストの復活・昇天・他。
完全解読 70週の預言 
『ダニエル書』9章の有名な預言「70週の預言」が、ついに完全解読された。
久遠実成のキリスト 
 キリストは永遠の昔からの救い主。
イエスの復活体の秘密 
それはどんな体だったか。
キリストはなぜ復活されたか 
キリストが復活された5つの理由。
真のメシヤと偽メシヤの間 
真のメシヤはただおひとり、イエス・キリストである。

■聖霊 (神とキリストの霊)

聖霊の満たし 
聖霊の満たしを、ただ信仰によって受ける。
いやしを浸透させる祈り 
ソーキング・プレイヤー(SOAKING PRAYER)について。いやしの祈りは誰でもできる。
聖霊の脈打つ場 
聖霊のフリークエンシーの波に出会う。

■キリスト教 (その成立、教理、現在など)

キリスト教とは何か 
中心宗教と周辺宗教 真理の知識の本流について。
福音は世界を一周する 
キリスト教の中心は西まわりで世界を一周する。
日本的精神とキリスト教 
日本人にとっての「旧約」と「新約」。
キリスト教徒がなぜ宗教戦争をするのですか 
戦争は宗教の産物ではない。
キリスト教教派早わかり 
教派はなぜ存在するのか。各教派の特長は?
カルト対キリスト教 
最近のカルト教団の増加は何を意味するか。

■信仰・救い (なぜ信仰、どんな信仰、どんな救い?)

7つの幸福 
第7の幸福としての”神の子的幸福”――それはどんな幸福か。
二種類の懐疑 
懐疑とのつき合い方(D.L.ムーディ)。
四つの愛 
本能の愛・心情の愛・良心の愛・存在の愛について。
福音は血よりも濃い 
血縁、血統を越えて働くキリストの福音。
未生(みしょう)以前の幸福 
人間の本当の幸福とは何か。
心眼開ける時 
「天」が見えてくると、人生が大きく広がる。
まことの幸せへの道 
アウグスチヌス
わかる組織神学 堕落論 
アダムとエバの堕落、また人類の堕落はなぜ起こったか。
祈りは第3の手 
祈りの手は、肉体の手以上に多くの事を行なう。
破れ口に立つ者 
神は、ご自身と人との間の「破れ口」を修復する者を、捜し求めておられる。
あなたがしなかったから 
何が人を天国に入らせ、何が人を天国に入らせないのか。
なぜ滅びる人がいるのですか 
すべての人が救われるのではないのは何故か。
クリスチャンはそれを信じない 
13日の金曜日の災い、占い、宿命など。
富に関する聖書の約束 
主の御教えに従って歩むなら、あなたには富を築く力が与えらる。
からだの神学 
人間が体を持っているのではない。人間は体である。私たちの「罪のからだ」と、やがて与えられる「栄光のからだ」について。
キリスト教Q&A 
クリスチャンになると、全く罪がなくなるのですかetc。
オカルトの力はどこから? 
悪霊の働きに気をつけよう。
ユダの裏切りは"必要"だったか 
ユダの裏切りがなくても、イエスは十字架にかかられた。
人間の堕落と回復 
宇宙の創造目的、人間の創造目的、人間の堕落と回復について。
アウグスチヌスの祈り 
神を慕い求めて。

■終末と新世界
 (知るならば怖くはない)

終末の前兆
 終末とは「この世」と「来たるべき世」の境界。それが間近になったしるし。
患難時代
 世界が最も末期症状を呈する時代――それが患難時代だ。
キリストの再臨
 それは出口を失った世界にとって最大の希望である。
キリスト者の携挙
 それは患難時代「前」ではない。患難時代の終わり頃においてである。
復興ローマ帝国
 聖書が預言する終末の「十か国の同盟国」とは?
独裁者「獣」とは? (1)エピファネスの再来
 「獣」と象徴的に呼ばれる独裁者とは何者か。
独裁者「獣」とは? (2)「666」の意味
 サタンが「666」の数字を好んだわけ。
世の終わりに生き残る人々
 黙示録の「14万4千人」と「クリスチャンの大群衆」は同一であり、彼らは永遠の命を受ける。
至福の千年王国
 キリスト再臨後の世界。
サタンの起源と滅亡
 悪の勢力の主体=サタンの起源、現在、滅亡の時。
神の国はこうして来る 
天国はすぐ近くにある。それはいかにして地上に来るのか。
第三神殿が建てられる日 
エルサレムに、やがてユダヤ教の神殿が再建される。それはキリスト再来(再臨)が間近になったことを示す予兆である。
クリスチャンの最終的状態 
目に見えない天国は、クリスチャンの最終的状態ではない。その後がある。
ハルマゲドンはいつか? 
ハルマゲドンの戦いが起きるとき。
キリストの再臨を信じて私はこう変わった 
内村鑑三
なぜ悪や苦しみがあるのか
悪の問題と世界の終末
神はなぜサタンの誘惑を許容されたのか
悪の問題と世界の終末

■摂理 (歴史を動かす神の見えない御手) 

摂理論1
エデン時代から父祖時代まで。選民世(ヤコブのエジプト定住から初来まで)。
摂理論2
終末世(キリスト教時代)〜現在まで。
摂理論3
最終末世の大患難迫害時代〜新しい世まで。
キリストの初来と再来 
キリスト初来前後の歴史が、キリスト再来前後の歴史において繰り返す。
天・地・人の創造と神の王国
神は、天と地にわたる壮大なご計画を推し進めておられる。
万国の中心
キリスト降誕も、世界最終戦争も、キリスト再臨もそこで起こる。

■死後の世界
 (死後を知らずに本当の生はない)

――「聖書にみる死後の世界」
   「聖書的セカンドチャンス論」より――

天国・よみ・地獄
 「よみ」(陰府、黄泉、シェオル、ハデス)は、「地獄」(ゲヘナ)と混同されてきたが、まったく異なる場所である。
臨死体験と聖書
 臨死体験は、聖書の教えとどう関わるか。
聖書的セカンドチャンス論とは?
 キリストを知らずに死んだ人々が「よみ」で福音を聞き、「回心して救われるチャンス」(セカンドチャンス)はあるのか(ファーストチャンスはこの地上の生)。あるとする立場から、聖句を説き明かす。
死後のセカンドチャンスを示す8つの聖句
 聖書はこんなにもはっきりセカンドチャンスを語っている。
セカンドチャンス質疑応答
 「セカンドチャンスを認めると伝道に支障が出るのでは?」等、よく出される疑問に答える。
セカンドチャンス論の反響
 多くの人がセカンドチャンス論を支持している。
中絶した子は今どこに
天国にいる子供との再会。

(電子書籍) 人は死後どこへ行くのか(聖書的「死後の世界論」 死後のセカンドチャンスについて)久保有政著
 「天国、よみ、地獄」とは何か。臨死体験、臨死共有体験と聖書のかかわり。死後のセカンドチャンス(回心の機会)はあるか? 聖書的な死後の世界論を説き続けてきた著者の重要な論点をこの一冊に集約。
 Kindle電子書籍端末や、iPhone, iPad, Androidタブレット、スマホ等で読めます(無料Kindleアプリを入れてください)

デボーション (聖書を味わう)

聖書一日一章 
 聖書を1日に1章ずつ、味わいながら読み進むための解説。4年間で新約聖書を2回、旧約聖書を1回読めます。

(音声付電子書籍)聞き流すだけで英語をマスター:ヨハネの福音書
 日本語→英語の順、細かい区切りで学ぶヨハネ福音書(やさしい中学英語のToday's English Version (Good News Bible)。英語も聖書もよく頭に入ります。
 Kindle電子書籍端末や、iPhone, iPad, Androidタブレット、スマホ等で読めます(無料Kindleアプリを入れてください)

■信仰に関するメッセージ
 
(信仰に燃え、霊に燃える)

信仰心の5段階 
偶像崇拝から、真の神信仰の高嶺まで。
主のみこころを知る方法 
私たちは聖書と、摂理と、聖霊によって、主のみこころを知る。
人を幸福にし自分も幸福になる 
隣り人を幸福にすることによって、自分も幸福になる。
自分の愛し方 
自分を本当の意味で大切にしていますか?
悲哀の使命
語り手 新渡戸稲造
過去に生きてはならない 
生き方への提言。
願いの生活の変革 
どんな願いを持つかで、人生は変わる。
クリスチャンの幸福 
神がお与え下さる3つの幸福。
主のみもとから来る祝福 
主のみもとから流れ来る祝福の時間に触れて生きる。
神にささげよ 
内村鑑三(明治時代のキリスト教思想家)。
死ぬるもまた益なり
山室軍平による説教。
リバイバルのために用いられるもの
真理と働き人と聖霊について。
神の栄光だけを考えて祈るべきですか? 
自分の利益を願ってはいけませんか。
富をつくる能力 富を生かす能力 
キリスト教の理想は清貧ではなく、"富に生きず富を生かす"という生き方である。
祈っていれば努力はいりませんか? 
何かの目的や願望のために祈っているなら、もう努力する必要はないのですか。
聖書の教える成功への道 
人生に繁栄を生み出す。
神の国は人生に開ける 
地上に開ける神の国。
リバイバルは奇跡ではない
チャールズ・フィニーによる聖書講義。

■日本に関するメッセージ
 (神は日本を愛しておられる)

慈愛のキャッチボール
 人と人、神と人の間の心と心のキャッチボール。
祖国を救った人々
 主イエスにあってこの日本を愛する。
武士道とキリスト教 説教ビデオ(YouTube)
 内村鑑三や新渡戸稲造らが武士道を高く評価した理由。
清き明き心
 日本に伝わるこの心は、聖書の教える心でもある。
死者を弔う心
 それは亡き人々の心を汲んで生きることである。
真実に立つ勇気
 それを持つときにのみ神の祝福と報いがある。
自己犠牲の精神
 自分を越えたもっと大きな価値のために生きる。
捨て石となった人々
 大いなることのために自ら「捨て石」となった人々。
生命の仲間意識
 日本はなぜ国際連盟で人種平等を主張したか。
共生の教え
 世界中の人々が同じ神の国の食卓につく日が来る。
愛と誠
 愛のない誠は非力であり、誠のない愛は偽善である。
利他的生き方
 それが人生を永遠にする、本当の自利の道である。
神に愛された日本
 日本人は「悪い民族」ではなかった。
ごめんなさいの心
 それはアジアから来たのではなく、神道と景教から来た。
共栄の教え
 「EU
(ヨーロッパ連合)の母」は日本人女性だったことを知っていますか。

■日本近代史 
 (日本は悪者ではなかった! 本当の歴史を知ろう)

手短かに知りたいかたは
自虐史観から真実の歴史認識へ 
 「明治以降の日本は悪者だった」とする自虐史観は、もうやめよう。

詳しく知りたいかたは)
日韓併合時代の真実 
 日本と朝鮮が仲良く手を取り合って生きていた時代があった。
韓流歴史観を正す 
 日本は、自立できない朝鮮を建て直し、救った。
中国の「正しい歴史認識」の正体 
 日本は、内戦に明け暮れる中国を救おうとした。
日中戦争の真実 
 当時のローマ法王も、中国での日本の行動を支持した。
日米戦争はなぜ起きたか 
 アメリカは、真の敵が誰かを見誤った。
日米戦争とは何だったか 
 「本当に勝ったのは日本である」というドラッカーの言葉の意味。
「南京大虐殺」は捏造だった
日本兵の犯罪は少数あったが、「大虐殺」はなかった。
日本とユダヤ 
日本とユダヤは、こんなに密接にかかわってきた。

■古代日本とユダヤ・キリスト教
 
(古代日本にイスラエル人や東方キリスト教徒たちがやって来ていた)

(電子書籍)神道のルーツとユダヤ日本の神道伝統的風習の起源は古代イスラエル人だった!(久保有政著)
 神道や日本の伝統的風習、天皇制の起源は古代イスラエル人にあった! 古代イスラエルの宗教・文化との数々の類似点をわかりやすく説明する。遺伝子DNAが示す日本人とユダヤ人の近縁・同祖性も明らかにする。
 Kindle電子書籍端末や、iPhone, iPad, Androidタブレット、スマホ等で読めます(無料Kindleアプリを入れてください)

神道からキリスト教へ 
東京都 牧野 泰牧師
神道、仏教、古代キリスト教(動画ネット配信)
VIPクラブで行なわれた久保有政の5回連続講演を見ることができます(またDVD販売)。
古代日本とイスラエル10部族の謎 
イスラエル人(ユダヤ人)は古代の日本に来たか。
日本古来の風習と古代イスラエルの風習 
両者はなぜこんなにも似ているのか。
日本神道のルーツは古代イスラエル宗教 
日本人が知らずに拝んできたものについて。神社や祭に伝わる神道信仰のおおもと、ルーツは、古代イスラエル宗教にある。
諏訪大社に伝わるイサク奉献伝承 
なぜ聖書のイサク奉献伝承が、日本の諏訪大社で祭りとなったのか。
聖書と日本フォーラム諏訪での講演(Youtubeビデオ)
御頭祭(イサクの祭)について久保有政が解説(2014年4月15日)
八咫鏡にヘブル文字? 
日本の「三種の神器」の一つ「八咫鏡」に、神の御名を示すヘブル文字が記されているというウワサは、はたして本当か。
日本にあった贖いの思想 
1998年7月「聖書と日本フォーラム」(大阪)講演より一部抜粋。
古代日本人はヤハウェを信じていた 
神道の多神教以前に、ヤハウェ信仰があった。
いろは歌のキリスト 
いろは歌に隠された文「いちよらやあえ」(イーシ・エル・ヤハウェ・・神ヤハウェの人)と、「とがなくてしす」(咎なくて死す)の謎。
古代日本のキリスト教徒たち 
ザビエルよりはるか以前の日本に、多くのキリスト教徒がいた。
日本のルーツと古代イスラエル・古代キリスト教 (YouTube)
本サイトの著者・久保有政出演のテレビ番組の録画ビデオを見ることができます。
ユダヤ百科事典に記された「日本」 
古代日本にイスラエル人がやって来た。
日本・ユダヤ封印の古代史
 イスラエルの失われた十部族は、古代の日本にやって来たか
ユダヤ陰謀説のウソ 
「ユダヤは世界を征服しようとしている」のウソ。

■その他

創価学会幹部、幸福の科学幹部からキリストへ 
かつて「創価学会」幹部として歩み、その後「幸福の科学」の幹部だった小澤利夫さん。彼はその後、いかにしてキリストを信じるようになったか。
統一教会からの脱会と福音的教会への導き
主イエスとの出会い 広島県 藤井宏司。
伝道の新しい潮流 
日本の伝統文化や神道とのつきあい方――文化適応した福音伝道について。
長野政雄 
乗客を救うために自らの命を犠牲にした鉄道員。
マルチン・ルーサー・キング 
非暴力により黒人の公民権獲得運動を展開し、それに成功した人物。
アンドリュー・カーネギー 
巨富をつくり、それを人々のために生かした大富豪。
高山右近 
自分の領地よりも、天の御国をとったキリシタン大名。
月岡世光 
電器店を経営しながら伝道。
ある死刑囚の手記 
獄中で回心し、死に至るまでに多くの囚人をキリストに導いた人物。
好地由太郎 
元終身刑の囚人。23年の獄中生活の後に、伝道者となった人物。
本間俊平とその妻・次子 
不良少年感化・刑務所伝道に尽力した人物。
ハドソン・テーラー 
中国伝道に生涯をささげた宣教師。
マハトマ・ガンジー 
非暴力運動。
アルバート・シュヴァイツァー 
アフリカでの人類愛。
アキバ・ベン・ヨセフ 
神への信頼。
シスター・ドーラ 
傷病者への愛。
UFOブームの実態 
UFO目撃談の真偽は?
聖書に基づいてエホバの証人と論ずる(1) 
救いについての「ものみの塔」の教えの間違い。
聖書に基づいてエホバの証人と論ずる(2) 
神、キリスト、聖霊についての「ものみの塔」の教えの間違い。
聖書に基づいてエホバの証人と論ずる(3) 
十字架、輸血、死後の世界についての「ものみの塔」の教えの間違い。
聖書に基づいてエホバの証人と論ずる(最終回) 
キリスト教会、また、ものみの塔について。
超能力か神の力か 
超能力は人を幸福にするか。

■集会メッセージ(音声)
 (聖書ってどんな書物?)

礼拝メッセージ 
本サイトの著者・久保有政他の集会メッセージが聴ける。

■聖書講義ビデオ(YouTube)
 (久保有政の聖書教理教室)

キリスト教入門(1)聖書とはどんな書物? 
聖書が人類に与えた影響、その他。

■掲示板

このサイトの感想等、主の恵みを掲示板で分かち合いましょう

英語読み物

学びに、伝道にどんどん使っていただきたく、無料公開いたしました。
印刷して友人にあげたり、引用、リンク、また大量配布も、ぜんぶOKです。
伝道のためでしたら、無断転載もOKです(ただし当サイトからのものであることを記載して下さい)。
(商用使用を除きます。当方への連絡も不要です)。
神様の祝福がありますように。

メールマガジン「キリスト教読み物マガジン」(旧「話題通信」) バックナンバーを読む
久保有政執筆の記事等をeメールでお送りしますので、ぜひ読者登録してください(不定期、購読無料)。

キリスト教読み物マガジン登録
メールアドレス(半角):

レムナント出版 
350-1137埼玉県川越市砂新田4-1-23-203
TEL&FAX 049-265-3567 海外からの場合:+81-49-265-3567

remnant@mte.biglobe.ne.jp 本を購入する 当サイトの信仰的立場  

レムナント出版/キリスト教読み物サイト代表:久保有政
(講演、メッセージ依頼等は上記へお願いいたします。講演内容:古代日本とイスラエル、古代東方キリスト教と日本、創造論(科学的創造論)、仏教とキリスト教比較論、終末論、死後の世界論、初心者向け聖書解説、伝道/牧会メッセージ、その他。お気軽にお声がけください)

レムナント出版は、韓国系のキリスト教団体「レムナント教会」との関係はありません。たまたま名称が同じになってしまったものです。

当サイトをお友だちに宣伝お願いいたします。 当サイト運営のためのご献金も心より感謝いたします

(日本語ページ1〜100番目のものについて公開しています。これには100番目以降と英語ページは含まれていません)。

イラストレーション ホームページ作成無料素材のBMC