E¿ E¤E®E¡ã§ã‚ã‹ã£ãE日本人とユダヤ人の親戚関俁E/title> <style type="text/css"> .auto-style1 { font-size: xx-large; font-family: HGS創英角コEžï½¼E¯E¸UB; } .auto-style2 { text-align: center; } .auto-style3 { text-align: left; } .auto-style4 { font-size: x-large; } .auto-style5 { color: #FF0000; } .auto-style6 { color: #FF0000; text-align: left; } .auto-style7 { text-align: center; color: #FF00FF; } </style> </head> <body> <p><a href="index.htm"><img src="rem-logo2.gif" align="top" border="0" width="150" height="33"></a> <a href="yomu.htm"><img src="yomusite.jpg" border="0" width="112" height="33"></a> </p> <p class="auto-style2"><span class="auto-style1"><strong>E¤E®E¡ã§ã‚ã‹ã£ãE/strong></span><strong><br class="auto-style1" /> </strong><span class="auto-style1"><strong>日本人とユダヤ人の<br /> 親戚関俁E/strong></span></p> <p class="auto-style2">乁E¿æœ‰æ”¿<br /> </p> <p class="auto-style3"><span class="auto-style4"><strong> 40EEE日本人E¤E®E¡ã¯ãƒ¦ãƒ€ãƒ¤äººã¨ã®å¼·ãE¤ãªãŒã‚Šã‚’示ぁE/strong></span><br /> <br />  男性の細胞ãE中には、E¼¹æŸ“色体とぁE†ã‚‚ãEがあります。それãE遺伝子DE®E¡ã®æ ¼ç´åº«ã®ã‚ˆã†ãªã‚‚ãEです、Ebr />  E¹æŸ“色体ãE遺伝子情報は、父から息子へ、男系でのみ伝えられます、Ebr />  日本人男性のE¹æŸ“色体には、中国人めEŸ“国人にはほとんどみられなぁE€Ežå¸¸ã«é‡è¦ãªç‰¹é•·ãŒã‚ります、Ebr />  それは日本人の40EE¿‘くに及ãE人、EEE¹æŸ“色体DE®E¡ã«ã¯ã€ã€Œï¼¹E¡E°ã€ï¼ˆãƒ¤ãƒEEE‰ã¨å‘¼ã°ã‚Œã‚‹ç‰¹æ®Šãªéºä¼å­éE列があることです、E/p> <p class="auto-style2"><span class="auto-style5"><strong>日本人のE¹æŸ“色体ãE系統</strong><table align="center"> <tr> <td class="auto-style5" style="height: 28px"> ç´E0EE€€ã€€ã€€  </td> <td class="auto-style6" style="height: 28px"> E¤ç³»çµ±Eˆï¼¹E¡E°E‰ã€€</td> </tr> <tr> <td class="auto-style5">紁E0EE/td> <td class="auto-style5"> E¯ç³»çµ±EˆåE型的アジア系E‰ã€€</td> </tr> <tr> <td class="auto-style5">残り</td> <td class="auto-style6"> 他系統</td> </tr> </table> <div class="auto-style3"> <br />  </span>E¹E¡E°éºä¼å­ãE、中国人にも韓国人にもほとんどみられなぁE‚‚のです、Ebr />  アジアの中で大変珍しいのです。それが日本人の40EE¿‘くもãE人、E«ã¿ã‚‰ã‚Œã¾ã™ã€Ebr /> <br />  E¹æŸ“色体ãEE¤E®E¡ã«ã¯ã€ã„ろいろな系統Eˆãƒãƒ—ログループ)があります。その中でも、E¼¹E¡E°ã¨ãE†éºä¼å­éE列を持ってぁE‚‹ã®ã¯ã€E¼¤ç³»çµ±ã¨E¥ç³»çµ±ã®ã¿ã§ã™ã€Ebr />  E¤ã¨E¥ã§ã™ã€‚これを覚えて下さぁE€Ebr />  E¤ç³»çµ±ã¨E¥ç³»çµ±ã ã‘が、E¼¹E¡E°éºä¼å­ã‚’持ち、同じåE祖から来てぁE¾ã™ã€‚つまり親戚関係にあります、Ebr />  日本人の40EE¿‘い人、EEE¤ç³»çµ±ã€‚D系統には、E¼¹E¡E°éºä¼å­éE列が含まれてぁE¾ã™ã€E/div> </p> <p class="auto-style2"><img alt="" height="292" src="dna3.JPG" width="347" /></p> <p class="auto-style3"> もともと中近東にE¤E¥ç³»çµ±ã¨ãE†ã‚‚ãEがありました。それがのちにE¤ç³»çµ±ã¨E¥ç³»çµ±ã«åˆE‹ã‚ŒãŸã®ã§ã™ã€Ebr />  では、E¼¤ç³»çµ±ã¨è¦ªæˆšé–¢ä¿‚にあるE¥ç³»çµ±ã¯ã€ã©ã®ã‚ˆã†ãªã‚‚ãEでしょぁE‹EŸã€€ãã‚Œã¯ãƒ¦ãƒ€ãƒ¤äººã«ãŸã„へん特長皁Eªã‚‚ãEです、Ebr />  全世界のユダヤ人の20EE0EEE、E¼¥ç³»çµ±ãªã®ã§ã™ã€‚日本人と同じく、E¼¹E¡E°éºä¼å­éE列を持ってぁE¾ã™ã€‚つまり遺伝子的にみて親戚関係にあります、Ebr /> <br />  こãEE¥ç³»çµ±ã¯ã€ã„わゆる「イスラエルの失われぁE0部族」ãE敁EEサマリヤの地にもみられます、Ebr />  今日サマリヤの地には、古代イスラエル人の末裔が住んでぁE¾ã™ã€‚その多くは異邦人と混血してぁE¾ã™ã€‚しかし聖書によると、彼らãE中にぁE‚‹ç¥­å¸ã¯ãƒ¬ãƒ“族の人、E§ã€å¤ä»£ã‹ã‚‰ç”·ç³»ã‚’しっかり受け継いできました、Ebr />  そして彼らサマリヤのレビ族祭司たちもE系統なのです。YE¡E°éºä¼å­éE列を持ってぁE¾ã™ã€Ebr /> <br />  また、中国のチãEチEƒˆè¿‘くに、チャン族(チャン・ミン族)とぁE†å°‘数民族がいます。彼らãE日本人と同じような顔をしてぁE¾ã™ã€‚彼らãEイスラエルの失われぁE0部族ãE末裔として、「アミシャーブ」とぁE†ã‚¤ã‚¹ãƒ©ã‚¨ãƒ«ã®å¤±ã‚ã‚ŒãE0部族調査機関によって認められた人、E§ã™ã€Ebr />  彼らにも、日本人と同じくD系統ぁE3EE¿ã‚‰ã‚Œã¾ã™ã€‚彼らもE¹E¡E°éºä¼å­éE列を持ってぁE‚‹ã®ã§ã™ã€‚つまり彼らも、E¼¤ç³»çµ±ã®æ—¥æœ¬äººã¨éºä¼å­çš„に親戚関係にあります、Ebr /> <br /> <span class="auto-style4"><strong>現代ユダヤ人のE¤E®E¡</strong></span><br /> <br />  さて、これらのことをもぁE°‘し掘り下げてみてみましょぁE€Ebr />  ユダヤ人のE¹E¡E°éºä¼å­éE列につぁE¦ã¿ã¦ã¿ã¾ã—ょぁE€Ebr />  ユダヤ人は20EE0EEŒã€E¼¹E¡E°éºä¼å­éE列からなるE系統なのだとお話ししました、Ebr />  これはじつは、アシュケナãEジE¥ãƒ¦ãƒ€ãƒ¤äººEˆåŒ—欧系E‰ã«ãŠã„ても、スファラチE‚£E¥ãƒ¦ãƒ€ãƒ¤äººEˆå—欧系E‰ã«ãŠã„ても同様に当てはまります、Ebr /> <br />  かつて日本では、「アシュケナãEジE¥ãƒ¦ãƒ€ãƒ¤äººã¯å½ã®ãƒ¦ãƒ€ãƒ¤äººã€ã¨ãE†èª¬ãŒãEめE‚Šã¾ã—たね。しかしこれは遺伝学から言ぁE¨ã€åEくãE間違ぁEªã®ã§ã™ã€Ebr />  アシュケナãEジもスファラチE‚£ã‚‚、åE遺伝子ãE88EEE共通してぁE¾ã™ã€‚ですから遺伝学老EE中に、「アシュケナãEジE¥ãƒ¦ãƒ€ãƒ¤äººã¯å½ãƒ¦ãƒ€ãƒ¤äººã€ã¨ãE†èª¬ã‚’支持する人は一人もおりません、Ebr />  アシュケナãEジE¥ãƒ¦ãƒ€ãƒ¤äººã‚‚、スファラチE‚£E¥ãƒ¦ãƒ€ãƒ¤äººã‚‚、同じくアブラハム、イサク、ヤコブãE子孫です。両老E¨ã‚‚本当ãEユダヤ人です、E/p> <p class="auto-style2"><span class="auto-style5"><strong>現代ユダヤ人のE¹æŸ“色体ãE系統</strong><table align="center"> <tr> <td class="auto-style5">20-30EE€€</td> <td class="auto-style6"> E¥ç³»çµ±Eˆï¼¹E¡E°EE/td> </tr> <tr> <td class="auto-style5">紁E0EE€€</td> <td class="auto-style6"> Eªç³»çµ±</td> </tr> <tr> <td class="auto-style5">20-30EE€€</td> <td class="auto-style6"> E²ç³»çµ±</td> </tr> <tr> <td class="auto-style5">残り </td> <td class="auto-style6"> そãE仁E/td> </tr> </table> </span> <div class="auto-style7"> Eˆä¸Šè¨˜ãEアシュケナãEジE¥ãƒ¦ãƒ€ãƒ¤äººãŠã‚ˆã³ã‚»ãƒ•ã‚¡ãƒ«ãƒE‚£E¥ãƒ¦ãƒ€ãƒ¤äººã«å…±é€šï¼E/div> <p class="auto-style3"> 今日のユダヤ人は、アシュケナãEジでもスファラチE‚£ã§ã‚‚、その20EE0EEE日本人と同じくYE¡E°éºä¼å­éE列からなるE系統です、Ebr />  そãEほか今日のユダヤ人には、E¼ªç³»çµ±ã‚E¼²ç³»çµ±ãªã©ã‚‚同じくらいの割合でみられます。しかしEªç³»çµ±ã‚E¼²ç³»çµ±ã¯ã€æ··è¡€ã«ã‚ˆã£ã¦å…¥ã£ãŸã‚‚のと思われるのです。ユダヤ人も混血してぁE¾ã™ã€Ebr /> <br />  とくに、西暦70年のエルサレム滁Eº¡ã®ã‚と、ユダヤ人は祖国を失ぁE€ä¸–界に離散しました。それ以前ãEユダヤ人の定義は、「父がユダヤ人であること」でした、Ebr />  しかしその後ユダヤ人の定義は、「母がユダヤ人であること」に変わってぁEã¾ã—た、Ebr />  これはユダヤ人は迫害を受け、レイプされるユダヤ人女性も少なくなかったからです。その場合、本当ãE父親が誰であるかわからなぁE“とも多く、「母がユダヤ人であること」とぁE†å®šç¾©ã«å¤‰ã‚ã‚Šã¾ã—た、Ebr />  そうぁE†æ‚²ã—い歴史がありました。こぁE—て、男系で伝えられるY染色体遺伝子ãE薁E¾ã‚Šã€ãã®ãŸã‚ã«ãƒ¦ãƒ€ãƒ¤äººç”·æ€§ã®E¹æŸ“色体DE®E¡ã«ã¯ã€ã„くつかãE系統がåEるよぁE«ãªã‚Šã¾ã—た、Ebr />  こãEようにユダヤ人は遺伝子的には混血してぁE¾ã™ã€‚それでも彼らãE、宗教皁E«ãƒ¦ãƒ€ãƒ¤äººã¨ã—てのアイチEƒ³ãƒE‚£ãƒE‚£ã‚’保ってきたのです、Ebr /> <br /> <strong><span class="auto-style4">古代イスラエル人のE¤E®E¡</span></strong><br /> <br />  今日のユダヤ人の遺伝子につぁE¦ã¯ä»¥ä¸ŠãEようです、Ebr />  では古代イスラエル人の基本皁EªE¹æŸ“色体DE®E¡ã¯ã€ä½•ç³»çµ±ã§ã‚ったでしょぁE‹EEbr /> <br />  それはE¤E¥ç³»çµ±ã‚‚しくãEE¥ç³»çµ±ã§ã‚ったでしょぁE€‚ï¼¹E¡E°éºä¼å­ãE系統です、Ebr />  つまり日本人のE¤ç³»çµ±ã¨éºä¼å­çš„な親戚関係にあたります、Ebr />  そãEことは、古代から男系を守ってきたサマリヤのレビ族祭司たちが、åEに述べたよぁE«E¥ç³»çµ±ã§ã‚ることからもわかります、Ebr /> <br />  また今日も、åE世界のユダヤ人グループには忁Ešã€E¼¥ç³»çµ±ãŒé¡•è‘—な形で存在するのです、Ebr />  たとえãE、E¼¥ç³»çµ±ã®ä¸­ã§ã‚‚特にE¥E‘b1b1とぁE†ã•ã‚‰ã«ç´°åˆEŒ–されたタイプãE遺伝子につぁE¦ã€ã€Œãƒ•ã‚¡ãƒŸãƒªãƒ¼ãƒ»ãƒEƒªãƒ¼E¤E®E¡ã€ã¨ãE†éºä¼å­èª¿æŸ»ä¼šç¤¾ã®ãƒ›ãEムペãEジには、こぁE¿°ã¹ã‚‰ã‚Œã¦ãE¾ã™ã€Ebr />  「これãE世界中のあらめE‚‹ãƒ¦ãƒ€ãƒ¤äººã®é–“にみられる。アシュケナãEジ系、スファラチE‚£ç³»ã€ã¾ãŸã‚¯ãƒ«ãƒ‰ç³»ã‚E‚¤ã‚§ãƒ¡ãƒ³ç³»ã®ãƒ¦ãƒ€ãƒ¤äººã€ã¾ãŸã‚µãƒžãƒªã‚¢äººã€ã•ã‚‰ã«ã¯åŒ—アフリカ・チュニジアのジャーバãEユダヤ人にさえみられる、Ebr />  つまりE系統は、åE世界のユダヤ人グループに普遍的に顕著にみられるものなのです、Ebr /> <br />  さらにE¥ç³»çµ±ã¾ãŸãEE¤ç³»çµ±ã¨ã—て、E¼¹E¡E°éºä¼å­éE列ãE今日のユダヤ人だけでなく、いわゆるイスラエルの失われぁE0部族ãE末裔とぁE‚ã‚Œã‚‹äººã€E«ã‚‚顕著な形でみられます、Ebr />  かつて古代イスラエルの統一王国は、紀允E‰10世紀に北イスラエル王国と南ユダ王国に刁E£‚しました。南ユダ王国の子孫がいわゆるユダヤ人です、Ebr /> 一方、北イスラエル王国にはイスラエルの10部族がつぁEŸã®ã§ã™ãŒã€ãEちにアチE‚·ãƒªãƒ¤æ•å›šã¨ãE†ã‚‚ãEがあり、彼らãE異国の地に連れ去られ、ãEちに離散しました、Ebr />  ですからユダヤ人と、このイスラエルの失われぁE0部族とは允E¼Ÿãªã®ã§ã™ã€Ebr /> <br />  イスラエルの失われぁE0部族ãE、E•·ãã€Œå¤±ã‚ã‚ŒãŸã€ã¨è¨€ã‚ã‚Œã¦ãã¾ã—た。しかし20世紀以降ãE調査で、その末裔が特にシルクロード付近ãE吁Eœ°ã«æ•£ã‚‰ãEって今日も生きてぁE‚‹ã“とがわかりました、Ebr />  彼めE0部族ãE、E¡•è‘—な形でE¥ç³»çµ±ã‚るぁEEE¤ç³»çµ±ã‚’持ってぁE‚‹ã®ã§ã™ã€‚つまりYE¡E°éºä¼å­éE列を持ってぁE¾ã™ã€Ebr /> <br />  たとえãEE¥ç³»çµ±ã¯ã€ã€Œã‚¤ã‚¹ãƒ©ã‚¨ãƒ«ã®å¤±ã‚ã‚ŒãE0部族」ãE末裔とぁE‚ã‚Œã‚‹ã€Œãƒ‘タン族」(アフガニスタン、パキスタンE‰ã«ã‚‚顕著にみられます、Ebr />  イスラエルの失われぁE0部族中の「ナフタリ族」「イチE‚µã‚«ãƒ«æ—ã€ãE末裔との伝承がある「ウズベク・ユダヤ人」(ウズベキスタンE‰ã‚‚、紁E8EEŒE¥ç³»çµ±ã§ã™ã€Ebr />  10部族中「ダン族」に属するとぁE‚ã‚Œã‚‹ã€Œã‚¨ãƒã‚ªãƒ”ア・ユダヤ人」(ファラシャE‰ã‚‚、紁E0EEŒE¥ç³»çµ±ã§ã™ã€Ebr /> <br />  さらに中国のチãEチEƒˆä»˜è¿‘に住ãEチャン族(チャンミン族)も、イスラエルの失われぁE0部族ãE末裔ですが、日本人と同じような顔を持ち、また日本人と同じようにE¤ç³»çµ±ã‚’顕著な形で持ってぁE¾ã™ã€‚彼らãE23EEEE¤ç³»çµ±ã§ã€æ—¥æœ¬äººã¨åŒã˜ãï¼¹E¡E°éºä¼å­éE列を持ってぁE‚‹ã®ã§ã™ã€Ebr />  こãEように、今日の全世界のユダヤ人グループ、またサマリヤの祭司レビ族、イスラエルの失われぁE0部族ãE末裔たち、そして日本人を互いに強く結ãEつけてぁE‚‹ã®ãŒã€E¼¹E¡E°éºä¼å­ã§ã™ã€Ebr />  これらãEことから、日本人の40EE¿‘いE¤ç³»çµ±ã®äººã€EE、古代イスラエル人の末裔であり、またユダヤ人の親戚であるとぁE†ã“とがいえます、Ebr /> <br /> <span class="auto-style4"><strong>E¤ç³»çµ±ã¨E¥ç³»çµ±ãŒåEかれた時朁E/strong></span><br /> <br />  以上簡単に述べました、Ebr />  ここで、もぁE°‘し補足して述べたいと思います、Ebr />  E¹æŸ“色体ãEE¤E¥ç³»çµ±ã¯ã€ä¸­è¿‘東でE¤E®E¡ã®E¤ç³»çµ±ã¨E¥ç³»çµ±ã«åˆE‹ã‚ŒãŸã¨è¿°ã¹ã¾ã—た。しかしそãE時期につぁE¦ã€ã‚ˆãç–‘問が出されます。、Ebr />  一般に遺伝子学老EE間では、E¼¤ç³»çµ±ã¨E¥ç³»çµ±ã®åˆE›¢ã¯E•ä¸E¹´Ežï¼–丁E¹´å‰ã¨è¨€ã‚ã‚Œã¦ãE¾ã™ã€Ebr />  しかし歴史学の上では、北イスラエル王国の10支族がアチE‚·ãƒªã‚¢æ•å›šã«ã‚ˆã‚Šã‚¤ã‚¹ãƒ©ã‚¨ãƒ«ã®åœ°ã‹ã‚‰å¼•ãè£‚かれ、南王国のユダヤ人と刁E–­ã•ã‚ŒãŸãEは、今から「紁E¼’700年前」です、Ebr /> <br />  ずいぶん時間的な差があるよぁE«ã¿ãˆã‚‹ã§ã—ょぁE€‚けれども5丁E½žï¼–丁E¹´å‰ã¨ãE†ã®ã¯ã€å®Ÿéš›ã«æ¸¬ã£ãŸå®Ÿæ¸¬å€¤ã§ã¯ãªãEEです。これãE「åE子時計(åE子進化時計)仮説」に基づく推定年代です、Ebr />  これは進化論が提示する年代に基づき、それに合わせて遺伝子ãE変化時間を推定して算åEしたもãEです。しかし推定であり仮説ですから、実際こうした推定年代は、EŽåŽ»ã‹ã‚‰ç¾åœ¨ã«è‡³ã‚‹ã¾ã§ã€ã‹ãªã‚Šå¤‰åŒ–してきてぁE¾ã™ã€Ebr />  しかも、E€²åŒ–論に基づく「何丁E¹´å‰ã€ã€Œä½•åä¸E¹´ã€ã¨ãE£ãŸå¤§ããªå¹´æ•°ã¯ã€äº‹å®Ÿä¸Šã€ä»Šæ—¥ã§ã¯æ ¹æ‹ ã‚’失ってしまってぁE‚‹ã®ã§ã™ã€Ebr /> <br />  進化論老EŒã€Œä½•ä¸E¹´å‰ã€ã¨ãE†ã¨ãã€æœ¬å½“ãE「数十E¹´å‰ã€ã«ã™ãŽãªãE¨ãE†ã“とがほとんどです、Ebr />  とぁE†ã®ã¯ã€å¹´ä»£æ¸¬å®šæ³•ãE一つに「炭素14Eˆï¼£â€E4E‰æ³•ã€ï¼ˆæ”¾å°E€§åŒä½åE素による年代測定法ãE一つE‰ã¨ãE†ã®ãŒã‚ります。これãE、年代のわかってぁE‚‹è€E¤å­¦çšE²æ–™ãªã©ã¨ç…§ã‚‰ã—合わせて、その正確さが明らかになってぁE‚‹ã‚‚ãEです、Ebr />  それで測ると、E€²åŒ–論が「何丁E¹´å‰ã€ã¨ä¸»å¼µã—てぁE‚‹ã‚‚ãEも、実際はたいてぁE€Œæ•°åE¹´å‰ã€ã«ã™ãŽã¾ã›ã‚“。「そんなばかな」と思うかもしれなぁEŒã€å®Ÿéš›ãã†ãªã®ã§ã™ã€Ebr />  これにつぁE¦ã¯é€²åŒ–論に立つ科学老E¨ã€å‰µé€ è«–に立つ科学老EŸã¡ã¨ã®é–“に激しい論争が交わされてぁE¾ã™ã€Ebr /> <br />  たとえãE進化論老EŒã€Œæ•°åä¸E¹´å‰ã€ã¨è¿°ã¹ã¦ãE‚‹ãƒã‚¢ãƒ³ãƒEƒ«ã‚¿ãƒ¼ãƒ«äººã®éºéª¨ã‚’ç‚­ç´ 14法で測ると、「数十E¹´å‰ã€ã¨ã—か出ません、Ebr />  「数丁E¹´å‰ã€ã¨ã•ã‚Œã‚‹ã‚¯ãƒ­ãƒžãƒ‹ãƒ§ãƒ³äººã«ã—てもそぁE§ã™ã€‚創造論に絶つ科学老EŸã¡ã¯ã€ããE—たことを解説してぁE¾ã™ã€Ebr />  E¹æŸ“色体DE®E¡ã®E¤ç³»çµ±ã¨E¥ç³»çµ±ãŒåEかれたãEは、実際は今から数十E¹´å‰ã§ã—ょぁE€‚そしてE¤ç³»çµ±ã®äººã€EŒåˆã‚ã¦æ—¥æœ¬åˆ—島に渡来したのも、今かめE000EE700年前頁E¨æ€ã‚ã‚Œã¾ã™ã€Ebr />  縁E–‡æ™‚代も、実際は何丁E¹´ã‚‚続いたものではありません。こぁE—たことは、創造論に立つ科学老EŸã¡ã®è­°è«–を参çEしてくださるとぁE„と思います、Ebr /> <br /> <span class="auto-style4"><strong>ユダヤ人のEªç³»çµ±ã«ã¤ãE¦</strong></span><br /> <br />  つぎに、ユダヤ人のE¹æŸ“色体DE®E¡ã®Eªç³»çµ±ã«ã¤ãE¦è¿°ã¹ãŸã„と思います、Ebr />  今日のユダヤ人の間には、コーヘンとぁE†åå‰ã‚’持つ人、EŒãE¾ã™ã€‚彼らãE祭司家系の中でもとくに由緒ある人、E§ã€å¤§ç¥­å¸ã‚¢ãƒ­ãƒ³ã®å­å­«ã¨ã•ã‚Œã¦ãE¾ã™ã€Ebr />  祭司であるコーヘンの人、EE多くは、E¼£E­E¨Eã‚³ãƒ¼ãƒ˜ãƒ³æ§˜å¼ï¼¤E®E¡ã¨åã¥ã‘られた遺伝子éE列を多く持つことがわかりました、Ebr /> こãEE£E­E¨ã¯Eªç³»çµ±ã«å±žã—ます。そのことから、コーヘンに限らずユダヤ人固有ãEE¹æŸ“色体ãE、もともとEªç³»çµ±ãªã®ã§ã¯ãªãE‹ã€ã¨ãE†è€EˆãŒæ¬§ç±³ãªã©ã«ã‚ります、Ebr /> <br />  しかし本当に、ユダヤ人固有ãE遺伝子ãEEªç³»çµ±ã ã£ãŸãEかとぁE†ã¨ã€ããE¨ã‚‚言えなぁEEです、Ebr />  なぜならCE­E¨ã¯ã€ã‚³ãƒ¼ãƒ˜ãƒ³ã®ç¥­å¸å®¶ç³»ã«é¡•è‘—にみられるものの、じつはコーヘンでなくても、またユダヤ人でなくても、しばしãE見いだされるものであることが、その後ãE調査でわかりました、Ebr />  つまり当åE「コーヘン様式」と名づけられたもãEの、そののち調査を進めると、それãE決してコーヘン特有ではなく、ユダヤ人以外ãE民族にもみられるものだったãEです、Ebr /> <br />  Eªç³»çµ±ã¯ä¸­è¿‘東をãEじめ、庁Eæ§˜ã€Eªæ°‘族にみられるものです、Ebr />  また、大祭司アロンはレビ族出身で、一般のレビ族も男系を保ってきましたが、彼らãEE¤E®E¡ã‚’調査すると、E¼ªç³»çµ±ã¯å°‘なぁE“とがわかりました、Ebr />  Eªç³»çµ±ã¯ã‚¢ã‚·ãƒ¥ã‚±ãƒŠãEジ・レビãE人、E§10EE€ã‚¹ãƒ•ã‚¡ãƒ©ãƒE‚£ãƒ»ãƒ¬ãƒ“が32EE¨‹åº¦ã«ã™ãŽã¾ã›ã‚“。わりに少なぁEEです、Ebr /> <br />  またJ系統は、シルクロードに沿って今も生きてぁE‚‹ãE‚ã‚E‚‹ã‚¤ã‚¹ãƒ©ã‚¨ãƒ«ã®å¤±ã‚ã‚ŒãE0部族ãE末裔ãE人、E«ã¯ã€ã»ã¨ã‚“ど見られません。パタン族ãE場合J系統はわずか6!E§ã™ã—、イグボãEジューズEˆãƒŠã‚¤ã‚¸ã‚§ãƒªã‚¢E‰ã‚„ベネE¥ã‚¨ãƒ•ãƒ©ã‚¤ãƒ Eˆå—インド)、ãEタE¥ã‚¤ã‚¹ãƒ©ã‚¨ãƒ«Eˆãƒ•ã‚¡ãƒ©ã‚·ãƒ£ã€ã‚¨ãƒã‚ªãƒ”ã‚¢E‰ã€ãƒ–カラン・ジューズEˆãEルシャE‰ã€ãƒãƒ£ãƒ³æ—ï¼ˆä¸­å›½å—西部E‰ãªã©ã¯ã€åEくかほとんどEªç³»çµ±ã‚’持ってぁE¾ã›ã‚“、Ebr />  一方E¥ç³»çµ±ã¯ã€ã‚¢ã‚·ãƒ¥ã‚±ãƒŠãEジ・レビで20EE€ã‚¹ãƒ•ã‚¡ãƒ©ãƒE‚£ãƒ»ãƒ¬ãƒ“で10EE¨‹åº¦ã¿ã‚‰ã‚Œã¾ã™ã€‚さらに、世界中のすべてのユダヤ人グループに顕著な形でみられるものです、Ebr />  これはE¥ç³»çµ±ãŒã€è¥¿æš¦70年のユダヤ人離散以前から庁Eãƒ¦ãƒ€ãƒ¤äººã®åŸºæœ¬çšE¼¤E®E¡ã ã£ãŸã‹ã‚‰ã§ã—ょぁE€Ebr /> <br />  こãE古代イスラエル人の遺伝子が何系統だったかとぁE†å•é¡Œã«ã¤ãE¦ã¯ã€æ¬¡ã®ã“とも念頭におく忁E¦ãŒã‚ります、Ebr />  それは、古代イスラエル人の間には生まれながらのイスラエル人だけでなく、異邦人からの「帰化人」も多くぁEŸã“とです、Ebr />  たとえãE、古代イスラエルの持E°Žè€Eƒ¨ã‚·ãƒ¥ã‚¢ã¨å…±ã«æ´»å‹•ã—た有名な英雁EEカレブãE、もともと異邦人でした。カレブãE「ケナズ人」でしたが、帰化してイスラエル人となり、ユダ族に編入されてぁEŸã®ã§ã™ï¼ˆæ°‘数訁E2・12、E3・E–)。そして大活躍をしました、Ebr /> <br />  聖書には、古代イスラエル人の出エジプトのとき、エジプトをåEてぁE£ãŸã‚¤ã‚¹ãƒ©ã‚¨ãƒ«äººã®ãªã‹ã«æ²¢å±±ã®ã€Œå¤–国人」も混ざってきた、と書かれてぁE¾ã™ã€‚彼らが、聖書で「在留異国人」と呼ばれる人、E§ã™ã€Ebr />  モーセはイスラエル人に、「èE刁E‚’愛するよぁE«åœ¨ç•™ç•°å›½äººã‚’も愛せよ」と教えました、Ebr />  そして在留異国人も、もしモーセの律法を守り、割礼を受けるなら、帰化してイスラエル人となることができました、Ebr />  つまり古代から、すでにイスラエル人は様、E«æ··è¡€ã—てぁEŸã®ã§ã™ã€‚祭司のレビ族に編入された人、E‚‚ぁEŸã§ã—ょぁE€‚同じレビ族とぁE‚ã‚Œã¦ã‚‚、Eºä¼å­ãE系統が様、E§ã‚ることには、そのような琁E”±ãŒã‚ります、Ebr /> <br /> <strong><span class="auto-style4">イスラエル人固有ãEE¤E®E¡</span></strong><br /> <br />  こãEように古代イスラエル人の混血の秘寁E‚’探ってぁEã¨ã€ãã“に見えてくるのは、生まれながらのイスラエル人のE¹æŸ“色体DE®E¡ã¯Eªç³»çµ±ã§ã¯ãªãã€E¼¥ç³»çµ±ã‚るぁEEそãE允EEE¤E¥ç³»çµ±ã ã£ãŸã‚ãE¨ãE†ã“とです、Ebr />  E¹E¡E°éºä¼å­éE列を持つ系統で、日本人男性のE¹æŸ“色体D系統と同様です、Ebr />  こãE老EˆãŒæ­£ã—けれãE、日本人の40EE¿‘い人、EE、古代イスラエル人と強ぁE¤ãªãŒã‚ŠãŒã‚ることになります、Ebr /> <br />  また、しばしãE、Ebr />  「D系統の日本人がイスラエル人とつながりがあるãEであれば、E¼¤ç³»çµ±ã§ãªãE—¥æœ¬äººç”·æ€§ã‚E¥³æ€§ã¯ã€ã‚¤ã‚¹ãƒ©ã‚¨ãƒ«äººã¨é–¢ä¿‚がなぁEEか、Ebr />  とぁE†è³ªå•ã‚’受けることがあります。しかし関係がなぁEEではありません、Ebr />  今日、日本人は「単一民族」とぁE‚ã‚Œã‚‹ã»ã©ã«æ·±ãæ··è¡€ã—あぁE€ã¨ãã«æ¯ç³»Eˆæ¯æ–¹E‰ãEほぁE§ã¯æ§˜ã€Eªè¡€ãŒæ··ã–り合ってぁE¾ã™ã€‚åE祖ãEミトコンドリアE¤E®E¡ã¯ã€ç”·æ€§ã«ã‚‚女性にも受け継がれるからです、Ebr />  ですからそのような意味で、日本人全体ãE、古代イスラエル人と強ぁE¤ãªãŒã‚Šã‚’持ってぁE‚‹ã®ã§ã™ã€‚そして今日のユダヤ人とも、強ぁE¦ªæˆšé–¢ä¿‚にあります、Ebr /> <br /> <strong><span class="auto-style4">シンルン族になぜDもEも見åEされなかったか</span></strong><br /> <br />  最後に、もぁE¸€ã¤ã®è³ªå•ã«ãŠç­”えしておきましょぁE€Ebr />  インド北部めEƒŸãƒ£ãƒ³ãƒžãEに、シンルン族(メナシェ族)と呼ばれる人、EŒãE¾ã™ã€Ebr />  彼らãE、私たち日本人と同じような顔つきをした東洋人ですが、古代からイスラエル人の斁EŒ–伝統を持ち、イスラエルの失われぁE0部族調査機関アミシャーブによっても、E0部族ãE子孫と認められた人、E§ã™ã€Ebr />  彼らãEユダヤ教を学び直し、すでにE‘000人以上がイスラエルへ帰邁E—て、普通にユダヤ人として生活してぁE‚‹ã“とで有名です、Ebr /> <br />  しかし、彼らãE遺伝子調査の結果は意外なもãEでした、Ebr />  彼らãEE¹æŸ“色体を調べてもE系統もD系統も見åEされませんでした。さらにEªç³»çµ±ã‚E¼£E­E¨ã‚‚見åEされなかったãEです、Ebr />  彼らãEほとんどはアジア人に典型的なE«ç³»çµ±ã€E¼¯ç³»çµ±ãŒã¿ã‚‰ã‚Œã‚‹ã ã‘でした、Ebr />  しかし、E¼¤E®E¡ç§‘学老EŸã¡ã¯ã€ã‚·ãƒ³ãƒ«ãƒ³æ—ãEミトコンドリアE¤E®E¡ã‚‚調査しました。Y染色体DE®E¡ãŒçˆ¶ç³»ã®éºä¼æƒ…報を示すãEに対し、ミトコンドリアE¤E®E¡ã¯æ¯ç³»ã®éºä¼æƒ…報を示します、Ebr />  そãE結果は、シンルン族ãE人、EE中近東、およãEウズベクEˆä¸­å¤®ã‚¢ã‚¸ã‚¢E‰ãEユダヤ人に近縁であることを示してぁE¾ã—た、Ebr />  なぜ、シンルン族ãE父系の遺伝情報を示すY染色体DE®E¡ã®çµæžœãŒã€åE型的なアジア人のもãEだったãEでしょぁE‹EEbr /> <br />  じつはシンルン族ãEたどった歴史を知るならãE、彼らãEE¹æŸ“色体にE¤ç³»çµ±ã‚‚E系統もみぁE ã•ã‚Œãªã‹ã£ãŸç†ç”±ã¯ã€å®¹æ˜“に琁E§£ã§ãã¾ã™ã€Ebr />  とぁE†ã®ã¯ã€ã‚·ãƒ³ãƒ«ãƒ³æ—ãE中国を放浪してぁEŸã¨ãã€ä»–民族に支配され、奴隷にされて苦役を課せられたのです。男性は奴隷に駁E‚Šå‡ºã•ã‚Œã€æ‘に二度と戻って来ることがなかった。女性は中国人に犯されることが多かったãEです、Ebr />  したがってそこに生まれた子どもたちは、シンルン族男性のE¹æŸ“色体ではなく、中国人男性のE¹æŸ“色体を持つことになりました、Ebr />  また中国では、戦争があると、征服された民族の男子ãE皁E®ºã—にあうことも多くありました。だから男系のE¹æŸ“色体ãE、きわめて残りにくかったãEです、Ebr /> <br />  こãEように、苦難の歴史があるとき、E¼¹æŸ“色体ãE残りにくいのです。消滁E—てしまぁE“とさえあります、Ebr /> シンルン族ãE父系E¹æŸ“色体にE¤ãƒ»E¥ç³»çµ±ãŒè¦‹åEされず、母系ミトコンドリアE¤E®E¡ã«ã®ã¿ãƒ¦ãƒ€ãƒ¤ã«è¿‘縁なもãEが発見されたとぁE†ã®ã¯ã€ã“ぁE„ぁE‚²ã—い歴史を物語ってぁE¾ã™ã€Ebr />  これを思うと、今日も日本人の40EE¿‘い人、E«E¹æŸ“色体D系統が残ってぁE‚‹äº‹å®ŸãE、貴重なことでしょぁE€Ebr /> 日本人も混血してぁE¾ã™ãŒã€E¼¤ç³»çµ±ãŒç´E0EE‚‚残ったãEです、Ebr /> それは現代ユダヤ人めE¤ä»£ã‚¤ã‚¹ãƒ©ã‚¨ãƒ«äººã¨ã€æ—¥æœ¬äººã¨ã®å¼·ãEµãEつきを物語ってぁE¾ã™ã€Ebr /> </p> <p class="auto-style3">Eˆè©³ã—くは拙著<a href="https://www.amazon.co.jp/dp/4054048463">『日本とユダヤ運命の遺伝子』(学研!E/a>をお読み下さぁE¼Ebr /> <br /> <a href="index.htm">トップãEージへ</a><br /> </p> </body> </html>