「ライフサイエンス・アースサイエンスA」

高専 5年生 1単位

平成29年度版

 

「ライフサイエンス・アースサイエンスA」では、生物を中心とした地球環境を理解し、人間と自然との関係を統合的に考える力を養うことを目標とする。これらの知識を得る過程で、科学的な考え方や人間社会を快適にする技術への応用について考え、自らの専門分野に関係する課題に対処できるようにする。

 

教科書:

・芦田嘉之著「カラー図解でわかる高校生物超入門」(サイエンス・アイ新書)

・西村祐二郎・杉山直監修「五訂版 スクエア最新図説地学」(第一学習社)

 

参考書:

・芦田嘉之著「やさしいバイオテクノロジー カラー版」(サイエンス・アイ新書)

 

 

授業概要:

 前半: 地球環境と生命科学の基礎   地球進化と生物進化の基礎

 後半: 生態系と地球環境の理解    現代社会における生物と地学の理解

 

第 1週      授業計画と授業概要 宇宙と地球

                46億年規模で地球環境と生物多様性を考える

 

第 2週      生物の共通性と多様性の基礎

                生物の特徴 細胞、代謝、自己複製

                DNA、遺伝子、ゲノム、タンパク質

 

第 3週      生命の起源と生物進化

                生命の起源 種とは何か

遺伝子頻度の変化 自然選択

 

第 4週      地球の歴史 プレートテクトニクス

                地球の起源と地球の構造

                プレートテクトニクスとプルームテクトニクス

 

第 5週      火山と地震の理解

                マグマの生成と火山活動

                プレート運動と地震

 

第 6週      システム論 課題解説

                ここまでの知識でライフ・アースサイエンスを統合的に考える

システムとは何だろうか? 地球システム

 

第 7週       中間試験

                 ライフサイエンス、アースサイエンスの基礎

 

第 8週      答案返却・解答説明 生態系とバイオーム

                生態系とバイオームから学べること

 

第 9週      地球46億年の歴史

                地球上で多様な生物がどのようにして生じたのか?

 

第10週      生体エネルギーと代謝

                生体エネルギーと代謝

 

第11週      生物圏の物質の循環とエネルギー収支

                生態系における物質の循環とエネルギーの流れ

 

第12週      大気圏と海洋圏の理解

                大気と海洋の循環

 地球システムで気象と気候を考える

 

第13週      地球温暖化問題とは何か

                地球のエネルギー収支

                地球温暖化は何が問題なのか?

 

第14週      ヒトのシステム

                食べたものがどうなるのか?

                科学的に考えるとは?

 

期末試験

        ライフサイエンス、アースサイエンスの理解

 

第15週      答案返却・解答説明

 

 

 

定期試験:

 2回の定期試験(各40%)+課題等のレポート(20%)=100%により総合評価する。

 60%以上を合格とする。

 

===============================

芦田嘉之 ashida@msi.biglobe.ne.jp

無断転載を禁じます。