おかえり.jp 酒と山頭火 おすすめ本 本2 本(新書) 本(妖怪変化) 本(漢字) 本(岡本太郎) 本(地獄) 本(澁澤龍彦) 本(寺山修司) 本(安部公房) 管理人紹介

杉浦日向子の本

江戸時代をゆるりと語る杉浦日向子さんの本を紹介。


読書する女性

おすすめの本9(杉浦日向子の本)

杉浦日向子

江戸を愛し、江戸時代の風俗を漫画やエッセイやテレビ「お江戸でござる」などで教えてくれた杉浦日向子さん。40代で早逝してしまったのが惜しまれてなりません。
せめて彼女の本から江戸人の生き様を知ることによって、少しは今の世も過ごしやすくなるかもしれやせん、おっと、しれません。なんといっても明治時代以後は西洋にかぶれて日本人は変わってしまったのですから。
そんな杉浦日向子さんの本をご紹介します。


サイト管理人のイチオシ!

百日紅 (上) (ちくま文庫)

葛飾北斎とその娘、そしてそれを囲む人々との粋なやりとり。杉浦日向子の江戸文化の機微を掴んだ表現に感服。下巻も続けてどうぞ。


→ Amazonサイトではこちら

↓(下のリストから本の画像か書名をクリックすると詳しい紹介【楽天市場】にジャンプします)↓

楽天ウェブサービスセンター



管理人endoyへのお問合せは、メールアドレス endoy@yahoo.co.jp(@は半角にして下さい) へどうぞ.

☆本ページはリンクフリーです。