おかえり.jp おすすめクラシック モーツァルト ハイドン シューマン 組曲 小品 楽しくクラシック 管理人

おすすめクラシック

おすすめクラシック

心に響く素晴らしいクラシック音楽の名曲を
おすすめCDと共にご紹介します



 このエントリーをはてなブックマークに追加
ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調Op.92 [Import]

モーツァルトを聴くシューマンの交響曲を聴くハイドンの交響曲を聴こうおすすめのクラシック組曲作曲家別交響曲ランキングおすすめのクラシック小品楽しくクラシック


リムスキー・コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」

↓以下のジャケット画像あるいはタイトルをクリックすると、おすすめCDの詳細ページ(Amazon)にリンクします↓

R.コルサコフ:シェエラザード、他

 有名な「千夜一夜物語(アラビアンナイトとも)」をもとにした交響組曲です。

 作曲者のリムスキー=コルサコフは「くまばちの飛行」という小品でも知られていますが、なんといっても管弦楽法の大家として知られています。ベルリオーズやリヒャルト・シュトラウスと並んで、精密でバラエティに富んだオーケストレーションは驚嘆に値します。まるでオーケストラが一つの生きもののように感じられるのです。

 この音楽の軸は、最初は横暴なシャリアール王(下譜Aがテーマ。冒頭からユニゾンで力強く現れる)と物語を語るシェヘラザード(下譜Bがテーマ。独奏ヴァイオリンで繊細に現れる)のやり取りが何回も出てきて2人の関係が次第に変化していくところでしょう。

楽譜A(シャリアール王のテーマ)
シェヘラザードシャリアール王テーマ

楽譜B(シェヘラザードのテーマ)
シェヘラザードテーマ

 特に、第2曲「カレンダー王子の物語」がおすすめです。シェエラザードの主題の後で、ファゴットがとぼけたアラビア風のテーマを奏し出します(下譜参照)。一度聞いたら忘れられない印象的なメロディーであり、一番好きなところです。これが得意のオーケストレーションで次々と受け渡されていくのが素晴らしいです。

シェヘラザード第2楽章テーマ

 写実的な音楽というのは賛否両論あると思いますが、メンデルスゾーンの「フィンガルの洞窟」やラフマニノフの「死の島」などと並んで、まさに聴く『映像』です。

 詳しい曲のご紹介は、おすすめのクラシック組曲(シェヘラザード)もご覧下さい。

どんな曲か試聴したい方はどうぞ。シェエラザード 第2曲「カレンダー王子の物語」(Youtubeより)

(他のCDも見てみたいという方は、以下もご覧下さい.)



管理人endoyへのお問合せは、メールアドレス endoy@yahoo.co.jp(@は半角で入力して下さい) へどうぞ.

☆本ページはリンクフリーです.