おかえり.jp おすすめクラシック モーツァルト ハイドン シューマン 組曲 小品 楽しくクラシック 管理人

おすすめクラシック

おすすめクラシック

心に響く素晴らしいクラシック音楽の名曲を
おすすめCDと共にご紹介します



 このエントリーをはてなブックマークに追加
ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調Op.92 [Import]

モーツァルトを聴くシューマンの交響曲を聴くハイドンの交響曲を聴こうおすすめのクラシック組曲作曲家別交響曲ランキングおすすめのクラシック小品楽しくクラシック


イッポリトフ=イワーノフ:組曲「コーカサスの風景」

↓以下のジャケット画像あるいはタイトルをクリックすると、おすすめCDの詳細ページ(Amazon)にリンクします↓

Orchestral Works: Caucasian Sketches

 「コーカサス(カフカス)」とは、旧ソ連の黒海とカスピ海の間の地域(グルジア、アルメニア共和国、アゼルバイジャン共和国のあたり)を指します。全体的に山が多く、民族的にも多様なのだとか。そんな気候的にも社会的にも荒涼としたような、そしてどこか切なくて日本人にも懐かしいような風景が浮かんでくる曲です。

 第4曲「酋長の行列」はかつてNHKの「名曲アルバム」にも取り上げられました。鄙びたのんきな行進が次第に盛り上がって気分的にも音楽的にも壮大なクライマックスを迎え、終わり方が歯切れ良く潔いのが印象に残りました。

 曲は、「峡谷にて」「村にて」「回教寺院にて」「酋長の行列」の4曲から成っています。先にご説明した終曲が一番素晴らしいのですが(下譜Aにテーマを示す)、弦がさざめく中でクラリネットが訥々(とつとつ)と語り始めるような第1曲(下譜Bにテーマを示す)もなかなか心に沁みます。

楽譜A(第4曲「酋長の行列」テーマ)
酋長の行列テーマ

楽譜B(第1曲「峡谷にて」テーマ)
峡谷にてテーマ

 同じロシア方面でも、チャイコフスキーの華やかなオーケストラ曲とはまた違った、素朴で簡素な味付けのオーケストレーションとメロディは、まるで田舎のおばあちゃんの手料理のようで、時々無性に聴きたくなってしまう曲なのです。

どんな曲か試聴したい方はどうぞ。コーカサスの風景第1組曲より第1曲「峡谷にて」(Youtubeより)

(他のCDも見てみたいという方は、以下もご覧下さい.)



管理人endoyへのお問合せは、メールアドレス endoy@yahoo.co.jp(@は半角で入力して下さい) へどうぞ.

☆本ページはリンクフリーです.