おかえり.jp おすすめクラシック モーツァルト ハイドン シューマン 組曲 小品 楽しくクラシック 管理人

おすすめクラシック

おすすめクラシック

心に響く素晴らしいクラシック音楽の名曲を
おすすめCDと共にご紹介します



 このエントリーをはてなブックマークに追加
ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調Op.92 [Import]

モーツァルトを聴くシューマンの交響曲を聴くハイドンの交響曲を聴こうおすすめのクラシック組曲作曲家別交響曲ランキングおすすめのクラシック小品楽しくクラシック


ベンジャミン・ブリテン:青少年のための管弦楽入門

↓以下のジャケット画像あるいはタイトルをクリックすると、おすすめCDの詳細ページ(Amazon)にリンクします↓

プロコフィエフ:ピーターと狼/サン=サーンス:動物の謝肉祭/ブリテン:青少年のための管弦楽入門(日本独自企画盤)

 イギリスの現代の作曲家ブリテンによる「青少年のための管弦楽入門」。題名が全てを語っているとおり、オーケストラの各楽器の特徴をわかりやすく音楽化した曲で、演奏時にはナレーターの解説が入ることも多いです。

 副題は「パーセルの主題による変奏曲とフーガ」。17世紀のイギリスの作曲家ヘンリー・パーセルの主題を用いて、オーケストラに使われている全ての楽器がそれぞれ楽器の特徴を生かした変奏曲を順次演奏していきます。
 最後は変奏曲の順番通りに全楽器が加わっていく壮大なフーガ。フーガのテーマこそブリテンのオリジナルですが、最後にパーセルの主題と同時に演奏されるときの鳥肌が立つようなクライマックスは、文句なしに感動的です。

 オーケストラ編成は、現代の音楽らしく大きくなっています。弦楽器にはハープも参加しますし、特に打楽器はカスタネットやウッドブロック、「むち」まで登場してにぎやかです。ただ・・・鍵盤楽器が一つも出てこないのは残念。ピアノやチェレスタ、オルガンは出番なしです。これらも加えた「続・青少年のための管弦楽入門」をどなたか作曲してもらえないですかね・・・

 変奏の中で特によくできていると思うのは、木管楽器ではクラリネット(音域毎の音色の違いがよくわかる)、金管ではトロンボーン(荘厳で重厚な響きが生かされている)、弦楽器ではハープ(まさにハープに相応しいアルペジョが味わえる)、そして打楽器群全部(リズムだけでこれだけ充実した音楽になるのか!)でしょうか。以下に主題と変奏抜粋、フーガ主題などを示します。クラシック通でも聞き直してみると目からウロコでありましょう。

楽譜A(主題)
青少年のための管弦楽入門主題

楽譜B(オーボエ変奏)
青少年のための管弦楽入門オーボエ変奏

楽譜C(ヴァイオリン変奏)
青少年のための管弦楽入門ヴァイオリン変奏

楽譜D(トロンボーン変奏)
青少年のための管弦楽入門トロンボーン変奏

楽譜E(ティンパニ変奏)
青少年のための管弦楽入門ティンパニ変奏

楽譜F(フーガ主題)
青少年のための管弦楽入門フーガ主題

 ご紹介しているCDは、小澤征爾さん指揮でボストン交響楽団による演奏です。「ピーターの狼」「動物の謝肉祭」のカップリングも愉しめます。

どんな曲か試聴したい方はどうぞ。青少年のための管弦楽入門 冒頭(Youtubeより)

(他のCDも見てみたいという方は、以下もご覧下さい.)



管理人endoyへのお問合せは、メールアドレス endoy@yahoo.co.jp(@は半角で入力して下さい) へどうぞ.

☆本ページはリンクフリーです.