おかえり.jp おすすめクラシック モーツァルト ハイドン シューマン 組曲 小品 楽しくクラシック 管理人

おすすめクラシック

おすすめクラシック

心に響く素晴らしいクラシック音楽の名曲を
おすすめCDと共にご紹介します



 このエントリーをはてなブックマークに追加
ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調Op.92 [Import]

モーツァルトを聴くシューマンの交響曲を聴くハイドンの交響曲を聴こうおすすめのクラシック組曲作曲家別交響曲ランキングおすすめのクラシック小品楽しくクラシック


シューベルト:交響曲第5番 変ロ長調

↓以下のジャケット画像あるいはタイトルをクリックすると、おすすめCDの詳細ページ(Amazon)にリンクします↓

ベートーヴェン:田園/シューベルト:交響曲第5番

 シューベルトの交響曲第5番変ロ長調。第7番「未完成」や第8番「ザ・グレート」のようにメジャーな曲ではありませんが、庶民的で楽しげなシューベルトならではの小粋さを味わうなら断然オススメです。

 第4番「悲劇的」がハ短調で、ベートーベン的な曲を目指した、いわばシューベルトらしからぬ曲だったのに対して、第5番は本来シューベルトが得意とする軽快で歌謡性のあるメロディがちりばめられており、おそらく本人も楽しみながら作曲し演奏したのではないかと思われます。

 第1楽章。木管楽器の柔らかな和音と、弦楽器のせかせか駆け下りるような導入から始まるのが飛び跳ねるような明るい第1テーマです(下譜A。弦楽合奏部のみ)。山びこのように低音で繰り返されるのがなんとも楽しい。第2テーマはヘ長調ですが、ちょっとしたト短調への転調を組み入れた巧みなメロディー(下譜B)。これらの雰囲気が他の楽章全体を包み込んでいます。

楽譜A(第1楽章第1テーマ)
第5番第1楽章第1テーマ

楽譜B(第1楽章第2テーマ)
第5番第1楽章第2テーマ

 第2楽章は変ホ長調の緩徐楽章でシューベルトの(楽器による)歌に酔わされ、第3楽章のメヌエットこそト短調でありますが、あまり深刻な感じではありません。第4楽章はちょっとせかせかしてはいますが、第1楽章の気分の延長のようです。全曲を通じて楽器で歌い継がれてゆくシューベルトの美しい旋律の数々を是非味わってみてください。

 ご紹介しているCDは、カール・ベーム指揮、ウィーンフィルによる正統派的な音楽。ベートーヴェンの「田園」とのカップリングです。

どんな曲か試聴したい方はどうぞ。交響曲第5番 第1楽章(Youtubeより)

(他のCDも見てみたいという方は、以下もご覧下さい.)



管理人endoyへのお問合せは、メールアドレス endoy@yahoo.co.jp(@は半角で入力して下さい) へどうぞ.

☆本ページはリンクフリーです.