おかえり.jp おすすめクラシック モーツァルト ハイドン シューマン 組曲 小品 楽しくクラシック 管理人

おすすめクラシック

おすすめクラシック

心に響く素晴らしいクラシック音楽の名曲を
おすすめCDと共にご紹介します



 このエントリーをはてなブックマークに追加
ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調Op.92 [Import]

モーツァルトを聴くシューマンの交響曲を聴くハイドンの交響曲を聴こうおすすめのクラシック組曲作曲家別交響曲ランキングおすすめのクラシック小品楽しくクラシック


グラズノフ:バレエ音楽「四季」

↓以下のジャケット画像あるいはタイトルをクリックすると、おすすめCDの詳細ページ(Amazon)にリンクします↓

グラズノフ:バレエ音楽「四季」/オーベール:序曲集

 19世紀半ばから20世紀半ば、帝国ロシア末期からソビエト連邦初期を生きた作曲家アレクサンドル・グラズノフのバレエ音楽「四季」です。
 「四季」に関するクラシック音楽といえば、まずはヴィヴァルディのバイオリン協奏曲集、チャイコフスキーのピアノ曲集、そしてハイドンのオラトリオといったところが有名ですが、この曲は何より四季の配列に特徴があります。なんと冬から始まって、春、夏、秋という順番。同じロシアのチャイコフスキーは律儀に1月から始まって12月に終わるので、これはグラズノフのオリジナルというところです。
 ただ、凍てつく冬から始まって収穫の喜びの秋で終わるという構成は、演出的には納得出来るところがあります。ヴィヴァルディの「四季」が短調の冬で終わるのがちょっと爽快感がないように思われる方、そして北国の四季のイメージを味わいたい方に是非オススメしたい曲。バレエ音楽なのですが、ここでは音楽のみについて触れます。

 曲が始まって間もなく、北風の絶妙な描写に続いていかにも「おー寒い!」と言いたくなるようなフレーズが流れ出します(下譜A)。この凍てつく厳しい冬の表現はロシア人ならではのもの。やがて北国らしく短かくも嬉しい春、いかにも生を謳歌するような夏の後で、華々しく始まる収穫の歓びの秋。待ちきれなかった金管楽器の急くようなリズムに乗ってバイオリンが高らかに収穫の喜びを歌い上げるところあたりがこの曲のクライマックスでしょう(下譜Q)。秋以降で他の季節が回想されるところも面白い。

 以下に、楽曲の構成を譜例とともに挙げておきますのでご参考下さい。

 1. イントロダクション

 2. 冬
  2-1. 情景

楽譜A(2-1.テーマ1)
四季冬A

楽譜B(2-1.テーマ2)
四季冬B

楽譜C(2-1.テーマ3 ★テーマ1の変奏)
四季冬C

  2-2. ヴァリアシオン(一人での踊りのこと):霜

楽譜D(2-2.霜のテーマ)
四季冬D

  2-3. ヴァリアシオン:氷

楽譜E(2-3.氷のテーマ)
四季冬E

  2-4. ヴァリアシオン:霰(譜例なし)
  2-5. ヴァリアシオン:雪

楽譜F(2-5.雪のテーマ)
四季冬F

  2-6. 終曲

楽譜G(2-6.終曲のテーマ)
四季冬G

 3. 春
  3-1. 情景

楽譜H(3-1.情景のテーマ)
四季春H

  3-2. バラの踊り

楽譜I(3-2.バラの踊りのテーマ)
四季春I

  3-3. 小鳥の踊り

楽譜J(3-3.小鳥の踊りのテーマ)
四季春J

楽譜K(3-3.小鳥の踊りから)
四季春K

 4. 夏
  4-1. 情景

楽譜L(4-1.情景のテーマ)
四季夏L

  4-2. 矢車菊とケシのワルツ

楽譜M(4-2.矢車菊とケシのワルツのテーマ)
四季夏M

  4-3. 舟唄

楽譜N(4-3.舟歌のテーマ)
四季夏N

  4-4. ヴァリアシオン:トウモロコシの精の踊り(譜例なし)
  4-5. 終曲

楽譜O(4-5.終曲のテーマ1 ★情景のテーマの変奏)
四季夏O

楽譜P(4-5.終曲のテーマ2)
四季夏P

 5. 秋
  5-1. バッカナール(収穫祭)

楽譜Q(5-1.バッカナールのテーマ)
四季秋Q

  5-2. 小さなアダージョ

楽譜R(5-2.小さなアダージョのテーマ1)
四季秋R

楽譜S(5-2.小さなアダージョのテーマ2)
四季秋S

  5-3. バッカスの礼賛(譜例なし)

 6. アポテオーズ(大団円)(譜例なし。秋のテーマを中心に他のテーマが組み合わせられる)


 ご紹介しているCDは、丁寧で色彩感豊かな演奏です。

どんな曲か試聴したい方はどうぞ。グラズノフ「四季」 秋から(Youtubeより)

(他のCDも見てみたいという方は、以下もご覧下さい.)



管理人endoyへのお問合せは、メールアドレス endoy@yahoo.co.jp(@は半角で入力して下さい) へどうぞ.

☆本ページはリンクフリーです.