おかえり.jp おすすめクラシック モーツァルト ハイドン シューマン 組曲 小品 楽しくクラシック 管理人

おすすめクラシック

おすすめクラシック

心に響く素晴らしいクラシック音楽の名曲を
おすすめCDと共にご紹介します



 このエントリーをはてなブックマークに追加
ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調Op.92 [Import]

モーツァルトを聴くシューマンの交響曲を聴くハイドンの交響曲を聴こうおすすめのクラシック組曲作曲家別交響曲ランキングおすすめのクラシック小品楽しくクラシック


モーツァルト:交響曲第40番

↓以下のジャケット画像あるいはタイトルをクリックすると、おすすめCDの詳細ページ(Amazon)にリンクします↓

モーツァルト:交響曲第40番&第41番「ジュピター」

 モーツァルトの最後の三大交響曲の中で、「白鳥の歌」第39番、「全能の神(ジュピター)」第41番に挟まれた、「生身の人間」モーツァルトがそのまま音楽と化したかのような曲。それが、交響曲第40番ト短調 K550です。生涯の中での、たった2曲の短調の交響曲のパート2です。

 青年時代の、ある意味脂ぎった情熱の固まりであるような第25番と比べて、ときには諦観までも漂わせながらも、研ぎすまされた刃物を裸のまま目の前に曝すがごとくの迫力のある第40番は、そのままモーツァルトの怒りと情念の権化のようです。

 第1楽章は、ト短調、2分の2拍子、ソナタ形式。ビオラの刻みに誘導されて、悲しげに同じフレーズを繰り返す第1テーマから始まります(下譜A)。これが確保されると特徴的な経過部テーマで転調に向かいます(下譜B)。現れる変ロ長調の第2テーマ(下譜C)はメロディーが楽器間に受け渡される構成。第1テーマのフレーズは展開部の最後では絶叫のように響き渡り、そしてそれをなだめるかのように下降する木管に癒されながら再現部にたどりつくところ、実に巧妙な箇所です。

楽譜A(第1楽章第1テーマ)
第40番第1楽章第1テーマ

楽譜B(第1楽章経過部テーマ)
第40番第1楽章経過部テーマ

楽譜C(第1楽章第2テーマ)
第40番第1楽章第2テーマ

 第2楽章は歩むような主題が支配する音楽。音が重ねられてゆく第1テーマ(下譜D)の響きの美しさに酔ってばかりはいられず、突然現れる不安感も漂っています。か細く現れる第2テーマ(下譜E)がどこか哀しい。

楽譜D(第2楽章第1テーマ)
第40番第2楽章第1テーマ

楽譜E(第2楽章第2テーマ)
第40番第2楽章第2テーマ

 第3楽章は、声部を出来る限り絞った禁欲的な対位法が目立つメヌエット(下譜F)。2声でありながら緊張感の途切れない後半部が素晴らしい。打って変わって田園的なトリオでの、木管楽器とホルンの美しい響きも名人芸です。

楽譜F(第3楽章テーマ)
第40番第3楽章テーマ

 第4楽章は、まさに悪魔が乗り移ったようなフィナーレ。最初から、縄でたぐっては引きずり回すような、強弱の激しい挑発的なテーマで始まります(下譜G)。一時的な安らぎを与える変ロ長調の第2テーマ(下譜H)は再現部ではト短調に変容し哀しい本性をさらけ出すことになります。展開部の入りは、「無調性音楽のはしりではないか?」ともいわれる大胆なフレーズで戦闘開始です(下譜I)。ここからはもはや休息は得られないまま最後まで走り抜けて行き、救いがないままに全曲を閉じます。

楽譜G(第4楽章第1テーマ)
第40番第4楽章第1テーマ

楽譜H(第4楽章第2テーマ)
第40番第4楽章第2テーマ

楽譜I(第4楽章展開部冒頭)
交響曲第40番第4楽章展開部

 今回ご紹介のCDは、クラウディオ・アバド指揮ロンドン響の演奏。テンポのとり方やアンサンブルなどのバランスが良い。第41番「ジュピター」との好カップリング。

どんな曲か試聴したい方はどうぞ。モーツァルト:交響曲第40番から第1楽章です。(Youtubeより)

(他のCDも見てみたいという方は、以下もご覧下さい.)



管理人endoyへのお問合せは、メールアドレス endoy@yahoo.co.jp(@は半角で入力して下さい) へどうぞ.

☆本ページはリンクフリーです.