おかえり.jp 酒と山頭火 酒(日本酒) 酒の見つけ方 カップ酒 酒器にこだわる 酒肴 リンク 管理人紹介

酒

日本酒

日本文化の誇り、醸造酒の至宝


珍肴の館

日本全国のおいしい日本酒(地酒)

管理人endoyが実際に酒を味わってみた感想を添えての日本酒のご紹介です.
紹介文左の画像、またはオレンジ色枠の中の品名をクリックすると楽天市場各店の説明ページに行きます.
(各銘柄における、酒の画像とリンク先は、蔵元の銘柄変更、限定品による品切れなどのために紹介文と異なることがあります)
王紋 純米吟醸 夢(市島酒造 新潟県新発田市)

 麹米、掛米共五百万石、精米歩合55%、協会10号酵母、仕込水飯豊山系伏流水、アルコール度15〜16%、日本酒度+4、酸度1.4、杜氏名 中島正栄。
 蛇足ですが、この酒蔵は、女性の蔵人が多いということで、かの日本酒コミック「夏子の酒」(新装版 夏子の酒(1) (講談社漫画文庫) )でも登場しました。確か、佐伯酒造の一蔵人が「女は不浄だから蔵には入ってはならない」という言葉を夏子に投げてしまったことを謝るために、土産として夏子に贈ったのがこの酒でした。そう、女性の繊細な感覚も日本酒には必要だと思います。辛いだけでなく、しなやかで優美な酒もいいものですから。

 無色透明。よく精米された米のみが持つ芳醇ながら爽やかでさりげない芳香。とてもささやかながら好感が持てます。これは山深いひっそりとした湧き水の香りです。いい水なのですね。
 実に優しくしっとりとした味。いやみがなく、それでいて湿度を感じるような柔らかさはまさに女性の柔肌のようでしょうか。口中にはほとんど香りを残さない。まるで残すことを恥じらうような微細な香りと共に、喉から胃の中へすっと消えてゆく。かといって味が薄っぺらいわけではない。本当の味は飲み干した後に喉からやってくるのです。その余韻の優しさはまさに銘酒です。

 肴は、揚げ豆腐を生姜醤油でよく煮込んだもの。魚なら脂ののった戻り鰹で。