おかえり.jp 酒と山頭火 酒(日本酒) 酒の見つけ方 カップ酒 酒器にこだわる 酒肴 リンク 管理人紹介

酒

日本酒

日本文化の誇り、醸造酒の至宝


珍肴の館

日本全国のおいしい日本酒(地酒)

管理人endoyが実際に酒を味わってみた感想を添えての日本酒のご紹介です.
紹介文左の画像、またはオレンジ色枠の中の品名をクリックすると楽天市場各店の説明ページに行きます.
(各銘柄における、酒の画像とリンク先は、蔵元の銘柄変更、限定品による品切れなどのために紹介文と異なることがあります)
長州 壺中天(こちゅうてん) 純米吟醸(株式会社 宝真珠 山口県)

 限定品。アケボノ35%、仕込み31号限定。山頭火の故郷の山口の酒。しかも壺の中に天あり。中国の故事に由来した言葉ですが、酒飲みにはたまらない名前ですね。

 無色透明。吟醸らしい芳香。それは淡く清清しくそして儚いものです。酔っぱらう前にしかわからない、この楚々としたかぐわしさ。私としてはもう少し深みのある香りが欲しいところですが、これは好みの問題でしょう。かえって香りが少ない方が飽きがこないことも事実。合う料理の幅も広がります。
 味は淡麗で、キレがあります。口中でのからみは少なく、足が速くそのまま喉まで直行という感じです。これは飲み口だけなら夏向きの酒かも知れません。悪い意味ではなく、ごくごく流し込める水のごとし。酒だけよりも、刺身や酢の物と絡ませながら少しずつ興が乗ってくるという次第。

 ・・・しかし考え直せば、コクのある煮物や炒めものの後を、さらりとしめくくる酒としても相応しいかも。うーん悩ましや。とにかく間口が広い酒なのですね。
 というわけで肴は炒めものにしましょう。茸をベーコンと油で炒めてレモンをたっぷり。去る年を惜しみながら炬燵にあたりつつ。我が人生の天はいつ見えることやら。『せくな騒ぐな世間の事は しばし美人のひざまくら』。