おかえり.jp 酒と山頭火 酒(日本酒) 酒の見つけ方 カップ酒 酒器にこだわる 酒肴 リンク 管理人紹介

酒

日本酒

日本文化の誇り、醸造酒の至宝


珍肴の館

日本全国のおいしい日本酒(地酒)

管理人endoyが実際に酒を味わってみた感想を添えての日本酒のご紹介です.
紹介文左の画像、またはオレンジ色枠の中の品名をクリックすると楽天市場各店の説明ページに行きます.
(各銘柄における、酒の画像とリンク先は、蔵元の銘柄変更、限定品による品切れなどのために紹介文と異なることがあります)
渡舟 純米吟醸 ふなしぼり(府中誉酒造 茨城県)

 酒米は渡船。精米歩合50%。日本酒度+3。酸度1.5。

 「ふなしぼり」とは「槽(ふね)」という昔ながらの道具で、圧力をかけずにもろみを自然な重みで絞ったもの。雑味が入りにくいため、本当の酒の美味しさが味わえます。渡船という酒米は、山田錦の親に当たる品種で、杜氏が復活させた特別な品種。それから名付けた酒には強い情熱が注がれているのです。

 強いていえば淡麗辛口とはいえ、その根っこはがっしりしていて細い感じではありません。きれいな後口。楚々としたバランスのある香りを愉しめるのもちょうどこの純米吟醸がいいようです。フレッシュな果実香を味わいたいならば大吟醸の方をおすすめします。

 肴は、自分のおすすめは得意な海鮮をつかった『なんでも鍋』。鱈やら鮭やら蛸やら帆立て貝やら季節に合った具材が詰まった鍋にかつお節やニンニクをたっぷり。これで重ねる杯の無限なること。夜の長い冬は日本酒に限ります。