おかえり.jp 酒と山頭火 酒(日本酒) 酒の見つけ方 カップ酒 酒器にこだわる 酒肴 リンク 管理人紹介

酒

日本酒

日本文化の誇り、醸造酒の至宝


珍肴の館

日本全国のおいしい日本酒(地酒)

管理人endoyが実際に酒を味わってみた感想を添えての日本酒のご紹介です.
紹介文左の画像、またはオレンジ色枠の中の品名をクリックすると楽天市場各店の説明ページに行きます.
(各銘柄における、酒の画像とリンク先は、蔵元の銘柄変更、限定品による品切れなどのために紹介文と異なることがあります)
獅子の里 酒を食べてゐる 吟醸(松浦酒造 石川県)

 この酒のラベルは、秋山巌先生の版画による山頭火の俳句です。何ともいえない味であります。

 これも無色透明。
 非常に湧き立つ青林檎の芳香。これまで飲んだ中でも清々しさは群を抜きます。酵母の意気込みが伝わってきそうです。いい仕事ですよ。口の中でも果実臭は持続し、喉元を過ぎても清涼さはさらに続きます。若い酒に特有な刺すような風味もあるのですが、この切れ味の良さはなんという心地よさ。それでいて甘酸っぱいような切ないような後味を感じているとなんだか一瞬若返ったような気持ちになってきます。これは凄いぞ。

 酒を食べてゐる、という句が似合うには、もう1年くらい低温で熟成したい感じも有りますが、今のままでも十分満足できます。太陽の下で飲み干したい一品。真夏にピッタリかも。

 肴は、ざる豆腐にシャキシャキとしたネギとすったばかりの生姜をのせ、生醤油をぶっかけて流し込みましょう。梅雨前の蒸し暑さにたるんだ体に喝を!!