おかえり.jp 酒と山頭火 酒(日本酒) 酒の見つけ方 カップ酒 酒器にこだわる 酒肴 リンク 管理人紹介

酒

日本酒

日本文化の誇り、醸造酒の至宝


珍肴の館

日本全国のおいしい日本酒(地酒)

管理人endoyが実際に酒を味わってみた感想を添えての日本酒のご紹介です.
紹介文左の画像、またはオレンジ色枠の中の品名をクリックすると楽天市場各店の説明ページに行きます.
(各銘柄における、酒の画像とリンク先は、蔵元の銘柄変更、限定品による品切れなどのために紹介文と異なることがあります)
浦霞 特別純米 ひやおろし(株式会社佐浦 宮城県)

 原料米はあの宮城産《ササニシキ》。精米歩合は麹60%・掛米60%。酵母は浦霞酵母(門外不出といったところでしょうな)。他には【アルコール分】16.0〜16.9【日本酒度】+1〜+2【酸度】1.4〜1.5【アミノ酸度】1.4〜1.5。

 これはもうなんとも例えようもない、「きれいで瑞々しい」酒です。
 純米のなめらかな味わいと、ひやおろしの生(き)の清々しさのバランスが、まさに絶妙で、含んだ瞬間からさりげなくもしっかりとしたベースを舌の上に形作ってくれる。そのベースの上ではどんな肴も全ての旨みを発揮してくれるだろうという期待を裏切らない。特に冷酒という飲み方においては一つの究極のものかもしれません。小生としては「禅」より断然好きですね。
 香りは、控えめで程よい米(あのササニシキですもんね!)の香りが、逆に日本人の心の奥底に囁きかけるようで、人懐かしいそよ風が吹き抜けていくようで、なんともリラックスした世界に運んでくれます。

 肴は全く選びませんが、せっかくの程よい冷酒感を感じさせてくれるような、温めのものが相応しいのではないでしょうか。銀杏の炒ったのや、きのこの焼いたの。そしておでんはもちろん、ふろふき大根などもおすすめします。