トップページ おすすめクラシック ちょっと楽しくクラシック モーツァルトを聴く シューマン交響曲 組曲 管理人紹介

ハイドンの交響曲を聴こう

「交響曲の父」と呼ばれるハイドン.
ニックネームの多いハイドンの交響曲の足跡をたどります.
交響曲の簡単な解説と共におすすめCDをご紹介.

管理人endoyのプロフィール紹介はこちらです.>>

おすすめクラシックモーツァルトを聴くシューマンの交響曲を聴くおすすめのクラシック組曲楽しくクラシック


交響曲第60番 ハ長調 「うかつ者」

バイオリンの弦の調律

ハイドンの疾風怒濤期の曲から第60番「うかつ者」です。他にも「おろか者」「うつけ者」「うすのろ」・・・等、さんざんなニックネームで呼ばれますが、これは彼の劇付随音楽のタイトルに由来しています。

モーツァルトには、素人音楽家を模した「音楽の冗談」という楽曲がありますが、この第60番はハイドンの「音楽の冗談」ともいうべき音楽です。とはいっても、あくまで戯曲の主人公の滑稽さを表現しているので罪がない冗談ですが。

まじめな曲の進行の中に茶々を入れるフレーズが入ったり、いきなり土俗的な無粋な音楽になったり、そんな落ち着きが無いところが聴いて楽しくなってきます。第4楽章で終わったと思うと緩徐楽章で真面目くさった(!?)第5楽章が始まるし、最終の第6楽章では、始まるといきなり音楽が一時停止してヴァイオリンの調律が表現されるのは傑作。

楽章構成は、変則的に6楽章から成っています。
 第1楽章はゆっくりとした序奏をもったソナタ形式。序奏は堂々としているのですが、どこか腰が落ち着かない感じ・・・。主部は急速な3拍子で速度が上がり、せかせかと落ち着きのない第1テーマが始まります。第2テーマを提示した後で、同じフレーズを繰り返しながらそのまま眠ってしまうような感じになり(下譜A)、急に起き上がってまじめに弾き始めるようなユーモラスなところが面白いです。

楽譜A(第1楽章第2テーマ後句)
うかつ者第1楽章第2テーマ後句

第2楽章はアンダンテ。伸びやかなテーマで始まるのですが、すぐに楽しげな付点リズムのフレーズで雰囲気がこわされます(下譜B)。そんなことを繰り返しながら、生真面目ながらも滑稽な第2テーマと共に、楽しく散策する感じのまま終わります。

楽譜B(第2楽章第1テーマ)
うかつ者第2楽章第1テーマ

第3楽章はメヌエット。主部は堂々たるものですが、中間部がハ短調で弦のユニゾンで朴訥とした感じになるので、聴いている方はどうも調子が狂います(下譜C)。

楽譜C(第3楽章中間部テーマ)
うかつ者第3楽章中間部テーマ

第4楽章は、フィナーレっぽい楽章。主調ではなくハ短調でせわしなく始まり、”これで終わります”感を高めます。途中で和声法上禁止されている並行8度が現れてしまいます(下譜D。赤色音符が並行8度に相当)。最後はハ長調になって全然雰囲気が変わって舞曲調になって終わります(下譜E)。どうもシックリ来ない、と思っていると次の楽章が始まるのです。

楽譜D(第4楽章並行8度)
うかつ者第4楽章並行8度

楽譜E(第4楽章結尾部)
うかつ者第4楽章結尾部

第5楽章は、「悲歌」と記された緩徐楽章。第2ヴァイオリンのゆるやかな3連符のアルペジョの伴奏にのって第1ヴァイオリンが美しい主題を奏します。そのまま行くと思いきや、突然ティンパニも加わった賑やかなファンファーレが入ったりして相変わらずのやんちゃぶり(下譜F)。最後はアレグロにまで速度を早めてササッと終わり次の楽章に繋げます。

楽譜F(第5楽章ファンファーレ部)
うかつ者第5楽章ファンファーレ部

第6楽章は、今度こそフィナーレ。前の楽章から間を置かないで調子良く始まりますが、一旦音楽が中断します。おや?と思うと、どうやら弦楽器が調律を始めたらしく、最低弦がGではなくFだったのを曲中で直します(下譜G)。それから再び快速に音楽は流れますが、曲は短くあっという間に走り去ります。  

楽譜G(第6楽章調弦部)
うかつ者第6楽章調弦部


どんな曲か試聴したい方へ。第60番から第6楽章です。(Youtube)


ジャケットあるいはタイトルをクリックすると、おすすめCD ( Amazonの商品 )の詳細説明の画面が開きます.
1.

Symphonies 22, 29 & 60
2.

ハイドン:交響曲集第60番, 第88番, 第96番(ザルツブルク・モーツァルテウム管/ボルトン)

1.はニコラス・ワード指揮ノーザン室内管弦楽団の演奏。才気がありながらも落ち着いて雅な感じです。第22番「哲学者」、第29番とのカップリング。

2.はザルツブルク・モーツァルテウム管による、軽やかでゆとりのある演奏。第88番「V字」, 第96番「奇蹟」と一緒に収録。



AmazonでCDを探すならこちらへ → 交響曲第60番「うかつ者」




このサイトに関するお問合せは、メールアドレス endoy@yahoo.co.jp (@は半角で入力してください)へどうぞ.