トップページ

おすすめの日本酒

徳利とおちょこ

山頭火の俳句のお供として
おすすめの日本酒をご紹介

花薫光

↑画像をクリックすると
Amazonの商品ページに行きます

花薫光(かくんこう)。これこそ日本酒の可能性を大いに広げた革命的日本酒です。欧米のワイン通をも唸らせた衝撃の味!!(決して大げさではありません)

酒造である須藤本家は日本でもいちばん歴史のある蔵で、しかも純米吟醸以上しかつくらないという徹底さ。この蔵の名作、「花薫光(かくんこう)」のさらなる限定品。酒米は兵庫県は特A地区の有機栽培山田錦。精米歩合28(!!)%。酵母は自家培養とか。

透明でまさにクリスタルのような輝き。
 もはや殆どのワインをも凌駕するような豊穰な果実香が鼻孔を吹き抜けていく快感。もうこれだけでも胸が一杯。なんて香しい酒なんだろう。口にすれば今度はするすると甘露なる味が一杯に拡がりながら咽をはらはらと流れ落ちてゆきます。こうなるとただただ受け止めているばかり、2合ほどはあっという間に終わってしまう。なんだろうこれは。通常山田錦を磨いてゆくと没個性の端麗辛口になってしまうのが殆どだというのに。もはや冷静に味云々を語らせない徹底して磨かれたまさに至高の酒と私は断言したい。日本酒を愛される方は、是非一度味わっていただきたいと思います。

こういった酒には、薄味の本物の肴でしか受け止めることは難しいです。本にがりだけの濃いめの豆腐を湯豆腐にしてかぼすをきゅっと絞ったポン酢であっさりいきましょう。もちろん洋風のオードブルでもがっちり受け止められます。


このページの先頭へ
おすすめの日本酒メニューへ
トップページへ

Copyright(C) 2015
endoy All rights reserved.