トップページ

おすすめの日本酒

徳利とおちょこ

山頭火の俳句のお供として
おすすめの日本酒をご紹介

酔鯨 特別純米酒

↑画像をクリックすると
Amazonの商品ページに行きます

「鯨飲馬食」という言葉があります。まさに豪放そのものですが、、ダイエットが全盛の今ではお目にかかる光景ではありません。それにしても鯨のように飲むなんて、壮大な発想だとは思いませんか? おっと脱線してしまいました。

香りは米のそれよりも辛口特有な感じが少し残ります。
 味については、甘みと辛みがほどよく舌の上に載ってきますが、少し渋みが残る感じがあります。後味はほとんど残らず、コクよりはキレで勝負、といったところでしょうか。やはり辛みの印象が強いために、酒だけで嗜むのには少し厳しいかなとも思えます。味わうよりも流し込むような豪快な酒風に合うのではないでしょうか。まさに酒豪向けの酒。

酒肴は、酒の名からは鯨肉をどうしても連想してしまいますが、その鯨がなかなか食べられないご時世はなんとも世知辛いことです。「鯨は頭が良いから殺さない」ということは「頭が劣っていれば(それが人間でも)殺してもよい」ことの裏返しとも思えますが・・・おっと、こういう話はここではやめときましょう。気を取り直して、ここはこれも土佐の名物鰹のタタキの大盛りで豪勢にいきましょうか。


このページの先頭へ
おすすめの日本酒メニューへ
トップページへ

Copyright(C) 2015
endoy All rights reserved.