トップページ

山頭火の俳句

山頭火後ろ姿

酒を愛した放浪の俳人
種田山頭火の俳句をご紹介

あざみあざやかな
あさのあめあがり
あざみあざやかな

梅雨にぴったりな、今回のこの句。

アザミは見た目としてはとげとげしていますが、それを裏付けるように、花言葉は「復讐・人間嫌い・独立・厳格」だそうです。

そんな、ある意味で「孤独な」花が、雨上がりにみせる美しさ。
 とげとげした花弁の先についた雫が朝日の中できらきらと光っています。周りの「もっと美しく愛らしい」花までもしのぐように。

この句には、もう一つの響きの美しさ、「頭韻(とういん)」があります。
 是非あなたもこの句を声に出して読んでみて下さい。

最も明るい音である「あ」を最初に連ねることによって、あざみの美しさを浸透させてゆくあたり、山頭火の「冴え」をみる思いがします。
 もっとも山頭火のこと、あざみをみた瞬間に句を得たのでしょうけれど。

(今回のイラストは、同じ山頭火ファンの「ポリリン」さんから投稿していただいたものです)


このページの先頭へ
山頭火の俳句メニューへ
トップページへ

Copyright(C) 2015
endoy All rights reserved.