トップページ

山頭火の俳句

山頭火後ろ姿

酒を愛した放浪の俳人
種田山頭火の俳句をご紹介

蜘蛛は網張る
私は私を肯定する
蜘蛛は網張る

今回は山頭火の少々哲学的な味わいの句をご紹介します。

蜘蛛が網を張る行為というのは、独特なイメージがあります。
 蜘蛛の巣は、住処であると同時に、食物を得るための道具であり、しかもそれは蜘蛛自身の体から紡ぎ出されたものであります。
 この奇妙な自己完結した空間は、『待つ』という行為に凝縮された弱肉強食の老獪な一つの仕掛けといった非情な自然のシステムの一つの形であると共に、何かの外的要因で破壊されても、すぐに復活して無限に自己空間を形成しようとする、一種の閉塞的な本能も感じさせます。
 繭をつくって閉じこもってゆく蚕(かいこ)のモノローグ的なイメージに比べて、不気味な仄暗(ほのぐら)い本能を感じさせるのです。

山頭火が、『私は私を肯定する』といったことと蜘蛛の行為を並列させたことには、これらにある種の共通なものを感じとったに違いありません。
 自分を肯定することは、他人や世間といった外的なことから自分を遮断し、自らの信念をよすがにして生きていこうという自立的なイメージがある反面、自己に篭もってあらゆる変化を拒もうとする頑迷さも伴ってしまう可能性があります。

山頭火は、一種の反省もこめてこの句を詠んだものと私は思うのです。
 山頭火はもっと自然に溶け込むような、開放的な自分の方が好きだったのではないかと。何かのトラブルで我を通してしまった後で、一人でそれを悔やんでいる姿がこの句には見えるようです。


このページの先頭へ
山頭火の俳句メニューへ
トップページへ

Copyright(C) 2015
endoy All rights reserved.