おかえり.jp うれし懐かし80年代±5 ヒット曲 アイドル テレビ番組 ビックリ箱 侍ジャイアンツ 管理人紹介

うれし懐かし80年代±5

1980年代の懐かしいヒット曲やテレビ番組を中心に
歌謡曲、ニューミュージック、アイドル、さらに
アニメ、ドラマなどの話題で
おすすめCDやDVDと共にご紹介.


うれし懐かし80年代±5 メイン

華麗なバイリンガル・シンガーへのステップアップ 〜 早見優 さん

早見優さんです。近況としては「キューティー★マミー」というユニットで、堀ちえみさんと松本伊代さんとでアルバムを出しています。企画として「アタリ」だったかどうかは微妙ですが・・・
 ハワイ育ち(ちなみに生まれは熱海)のバイリンガルのアイドルとして、歌詞が英語の曲も出しておりました。

「夏色のナンシー」
 「急いで!初恋」こそ派手でしたが、どちらかといえば陰りのある路線で今ひとつだった存在だったのが、一気にブレーク。これ以降「渚のライオン」「ラッキィ・リップス」とヒットを飛ばします。
 出だしでなんでもかんでも「Yes!!」というポジティブな合いの手がヒットの原因でしょうか。明るくて健康的なこの曲は「夏といえば早見優」というイメージを完全に定着させました。資生堂のCMソングになった「誘惑光線・クラッ! 」まで一気に駆け上がります。

「TONIGHT」
 「夏専用のアイドル」的なイメージを、今度は英語がイケることを生かして「今風で男を蹴散らすイケイケギャル」的なイメージへ大胆な転換を図った曲。サウンドも流麗な感じから突き刺すような感じに変わってきます。「TONIGHT」は歌い出しのところがドスが利いていてかっこいい。カタカナ英語ではないネイティブな英語が十分に生かされています。この路線では「PASSION」もなかなかグッド。

「NEWSにならない恋」
 英語的なイメージに大きく傾いていたのを、ニューミュージック的なバランス路線に揺り戻した曲。作曲はチャゲ。はっきりしない男を、「しょうがないなぁ」という感じで背中を押すようなちょっと軟化した路線といったらいいでしょうか。ここに至ってアイドルからシンガーへの完全な脱皮が完了したのです。

英語を流暢に話すことが出来る「バイリンガル」を、嫌みのないグローバルで「進んでる」イメージにした功績は一番大きいでしょう。『百万人の英語』の講師や英検のイメージキャラクターも務めた彼女は、早期英才英語教育が盛んな今やひっぱりだこです。


↓iTunes Storeならこちらから(試聴可)↓

ゴールデン☆アイドル 早見優 - 早見優