おかえり.jp うれし懐かし80年代±5 ヒット曲 アイドル テレビ番組 ビックリ箱 侍ジャイアンツ 管理人紹介

うれし懐かし80年代±5

1980年代の懐かしいヒット曲やテレビ番組を中心に
歌謡曲、ニューミュージック、アイドル、さらに
アニメ、ドラマなどの話題で
おすすめCDやDVDと共にご紹介.


うれし懐かし80年代±5 メイン

角川映画から生まれたピュアな歌声 〜 薬師丸ひろ子 さん

おすすめは
↓以下をクリック↓


歌物語


薬師丸ひろ子 ゴールデン☆ベスト

1978年に、角川映画『野生の証明』で女優デビューし、1981年に『セーラー服と機関銃』の主題歌「セーラー服と機関銃」で音楽界へデビューしました。「カ・イ・カ・ン」のセリフは今も皆の耳に残っています。

他の歌手とは違う独特の澄んだ高音が特徴でした。映画、ドラマ、アイドルというマルチな展開を最も成功させたアイドルの1人でしょう。
 竹内まりやさんの「元気を出して(薬師丸ひろ子さん自身もアルバム「古今集」に収録)」の後半にバックコーラスをしたことも当時話題になりました。

「すこしだけやさしく」
 「探偵物語」のB面でしたが、彼女の長所がさりげなく表れている名曲。大滝詠一さんの流れるようなメロディーにのせて、「少しだけやさしくして"あげる"」という他の女性ではタカビー的になってしまう歌詞が彼女ではなぜかおしゃれでした。

「Woman "Wの悲劇"より」
 ゆっくりとしたテンポですが、サビでの空を突き抜けるような印象的なメロディーが印象的で、この映画と歌によって少女から大人の女への脱皮がうまく成功したといえるでしょう。まさに彼女が二十歳の時の作品でした。

「あなたを・もっと・知りたくて」
 NTTのCMにも使われ、曲中に「もしもし 私誰だかわかる?」「もしもし うん まだ切らないで」というセリフが入って、なんとも甘酸っぱい感じを与えていましたね。

そしてデビュー曲の「セーラー服と機関銃」や「メインテーマ」も印象に残る曲でした。

2013年のNHK連続ドラマ『あまちゃん』への出演によって、彼女は再び脚光を浴びています。かつて諸事情で叶えられなかった紅白歌合戦出場の夢は、さてどうなるでしょうか。

↓iTunes Storeならこちらから(試聴可)↓

歌物語 - 薬師丸ひろ子

↓mp3( Amazon )ならこちらから↓


歌物語