小曲トップページ おすすめクラシック モーツァルト シューマンの交響曲 ハイドンの交響曲 組曲 楽しくクラシック 管理人紹介

おすすめのクラシック小品100

愛すべき小さな名曲を味わう.
是非聴いておきたいクラシック音楽の小曲を
おすすめmp3と一緒にご紹介します.


おすすめクラシックモーツァルトを聴くハイドンの交響曲シューマンの交響曲おすすめのクラシック組曲楽しくクラシック


交響詩「中央アジアの草原にて」(作曲:ボロディン)


ボロディン:交響詩「中央アジアの草原にて」

ロシアの作曲家、ボロディンの交響詩「中央アジアの草原にて」のご紹介です。ロシア人と東洋人(アラビア人と思われる)との中央アジア草原での交流を音楽化したもので、何か具体的な題材があったわけではありません。

ボロディンは「ダッタン人の踊り」でも知られた作曲家ですが、本業は化学者で「ボロディン反応」というものも発見した業績があります。30歳まで正式な音楽教育を受けなかったとも言われ、兼業作曲家というところでしょう。しかし類まれな美しい音楽を残してくれた人でした。

曲は2つのテーマが交互に現れて、やがては同時に演奏され、再び交互に現れつつ消えてゆく、という単純な構成です(下譜A、B)。これがロシア人と東洋人の出会いを表しているのですが、それぞれのテーマが郷愁を誘うものがあり、疲れた心を癒してくれます。最後は草原の彼方に消えるように終ります。

楽譜A(ロシア風のテーマ)
中央アジアの草原にてロシア風のテーマ

楽譜B(東洋風のテーマ)
中央アジアの草原にて東洋風のテーマ

曲を試聴されたい方は以下でご確認ください.
(推薦mp3とは演者が違う場合もありますがご了承下さい)

収録CDをお探しの方はこちらでどうぞ.

画像かタイトルをクリックすると、Amazonのmp3ストアの、おすすめ商品説明の画面が開きます.
(番号はおすすめ順です.リンク先で曲の一部を視聴出来ます.)
1.

ボロディン:交響詩「中央アジアの草原にて」
2.

交響詩「中央アジアの草原にて」
3.

交響詩 「中央アジアの草原にて」



このサイトに関するお問合せは、メールアドレス endoy@yahoo.co.jp (@は半角で入力してください)へどうぞ.