小曲トップページ おすすめクラシック モーツァルト シューマンの交響曲 ハイドンの交響曲 組曲 楽しくクラシック 管理人紹介

おすすめのクラシック小品100

愛すべき小さな名曲を味わう.
是非聴いておきたいクラシック音楽の小曲を
おすすめmp3と一緒にご紹介します.


おすすめクラシックモーツァルトを聴くハイドンの交響曲シューマンの交響曲おすすめのクラシック組曲楽しくクラシック


スラブ舞曲 作品72第2番(第10番) ホ短調(作曲:ドヴォルザーク)


16 Slavonic Dances, Series 2, Op. 72, B. 147: Slavonic Dance No. 10 in E minor, Op. 72, No. 2

ドヴォルザークのスラヴ舞曲集から、作品72第2番(作品46から通し番号で第10番ともいう)ホ短調のご紹介です。
 第1集(作品46)が8曲、第2集(作品72)が8曲ですが、通し番号で呼ばれることもあるので、ちょっとややこしいです。作品番号と調性で区別するのが一番でしょう。

スラヴ舞曲集の作曲のきっかけは、ブラームスのハンガリー舞曲集の成功を受けて、出版社がドヴォルザークに要望したことでした。ピアノ連弾曲として作曲され管弦楽に編曲されたところも一緒。両舞曲集ともとても人気がありますが、全体を通しての演奏よりも、個々の曲をコンサートでのアンコールで聴くことが多いです。
 かつてコーヒーのCMにこの曲が使われたことがあり、センスの良さが光っていました。

曲は、A-B-C-A-Bという二部形式と三部形式を混合した形式をとっています。
 第1ヴァイオリンの憂愁この上ない旋律で始まり(下譜A)、フルートが重なった第2ヴァイオリンでフォローされます。やがて同名長調であるホ長調の部分になって活気が出ますが(下譜B)、すぐにホ短調に戻って中間終止をします。中間部(C)はハ長調で明るいゆったりとした旋律を奏でます(下譜C)。やがてチェロで最初のテーマが戻ってきます。最後にもう一度ホ長調部を回想しながら静かに曲を閉じます。

楽譜A(冒頭テーマ)
スラブ舞曲第10番冒頭テーマ

楽譜B(長調部)
スラブ舞曲第10番長調部

楽譜C(中間部テーマ)
スラブ舞曲第10番中間部テーマ

曲を試聴されたい方は以下でご確認ください.
(推薦mp3とは演者が違う場合もありますがご了承下さい)

収録CDをお探しの方はこちらでどうぞ.

画像かタイトルをクリックすると、Amazonのmp3ストアの、おすすめ商品説明の画面が開きます.
(番号はおすすめ順です.リンク先で曲の一部を視聴出来ます.)
1.

16 Slavonic Dances, Series 2, Op. 72, B. 147: Slavonic Dance No. 10 in E minor, Op. 72, No. 2
2.

Slavonic Dances, Series II., Op. 72, B.147: X. in E minor (Allegretto grazioso)
3.

Slavonic Dances, Op. 72: No. 2: in E Minor



このサイトに関するお問合せは、メールアドレス endoy@yahoo.co.jp (@は半角で入力してください)へどうぞ.