小曲トップページ おすすめクラシック モーツァルト シューマンの交響曲 ハイドンの交響曲 組曲 楽しくクラシック 管理人紹介

おすすめのクラシック小品100

愛すべき小さな名曲を味わう.
是非聴いておきたいクラシック音楽の小曲を
おすすめmp3と一緒にご紹介します.


おすすめクラシックモーツァルトを聴くハイドンの交響曲シューマンの交響曲おすすめのクラシック組曲楽しくクラシック


アンダンテ・カンタービレ(弦楽四重奏曲第1番第2楽章)(作曲:チャイコフスキー)


Tchaikovsky : String Quartet No.1 in D major Op.11 : II Andante cantabile

チャイコフスキーの弦楽四重奏曲第1番から第2楽章「アンダンテ・カンタービレ」のご紹介です。
 アンダンテ・カンタービレ( Andante Cantabile )とは、「歩く速度で歌うように」という速度・発想記号であり、別にこの曲以外でもあまたあるのですが、「アンダンテ・カンタービレ」といえばこの曲と特定されるほどの有名曲となっています。ウクライナ民謡にヒントを得たといわれるメロディーの素朴な美しさと、2拍子と3拍子の間を揺れ動く独特のリズムが相まって夢想的なイメージをつくり出しています。

曲は、三部形式です。
 主部主題は先程述べたような拍子が変化する面白いリズムを持っています(下譜参照)。民謡的な似た音階のせいか、我々日本人にも郷愁を感じさせます。やがてチェロの特徴的なピチカートに導かれて中間部主題が変ニ長調で少し活気をもって登場します。やがて主部が戻り、最後は中間部主題と主部主題を自由に回想しながら高音に駆け上がって静かに消えていきます。

アンダンテ・カンタービレテーマ

曲を試聴されたい方は以下でご確認ください.
(推薦mp3とは演者が違う場合もありますがご了承下さい)

収録CDをお探しの方はこちらでどうぞ.

画像かタイトルをクリックすると、Amazonのmp3ストアの、おすすめ商品説明の画面が開きます.
(番号はおすすめ順です.リンク先で曲の一部を視聴出来ます.)
1.

Tchaikovsky : String Quartet No.1 in D major Op.11 : II Andante cantabile
2.

String Quartet No. 1 in D major, Op.11: II. Andante cantabile
3.

Peter Ilyich Tchaikovsky: String Quartet No.1 In D Major, Op.11 - 2. Andante cantabile



このサイトに関するお問合せは、メールアドレス endoy@yahoo.co.jp (@は半角で入力してください)へどうぞ.