小曲トップページ おすすめクラシック モーツァルト シューマンの交響曲 ハイドンの交響曲 組曲 楽しくクラシック 管理人紹介

おすすめのクラシック小品100

愛すべき小さな名曲を味わう.
是非聴いておきたいクラシック音楽の小曲を
おすすめmp3と一緒にご紹介します.


おすすめクラシックモーツァルトを聴くハイドンの交響曲シューマンの交響曲おすすめのクラシック組曲楽しくクラシック


ツィゴイネルワイゼン(サラサーテ)


ツィゴイネルワイゼン(サラサーテ)

スペインの著名なヴァイオリン奏者で作曲家でもあったパブロ・デ・サラサーテのツィゴイネルワイゼンのご紹介です。
 「ツィゴイネルワイゼン」とは、「ジプシー(ロマ)の旋律」という意味で、いくつかのハンガリー民謡や大衆音楽の旋律を組み合わせて作曲されています。起伏に富み抒情的な旋律が次々に現れて聴く人を飽きさせません。

サラサーテは幼少から才能を発揮した天才ヴァイオリニストであり、いわばモーツァルトのような存在でした。サン=サーンス(序奏とロンド・カプリチオーソ)やラロ(スペイン交響曲)、ブルッフ(スコットランド幻想曲)といった当時の有名な作曲家もサラサーテに曲を献呈しています。
 この曲には主要な奏法がほとんど詰め込まれており、激情的な部分、歌謡的な部分、そして急速な部分という見せ場のバランスも良いので、演者の技巧を魅せる効果もあって、ヴァイオリン奏者の主要なレパートリーになっています。

曲は、大きく3つの部分に分かれています。
 第1部。ハ短調。オーケストラの強奏によるテーマで始まり、それをヴァイオリンが引き継ぎます(下譜参照)。テンポは遅いのですが、カデンツァ的な細かい音符や難しい奏法があるために緊張感が持続しています。

ツィゴイネルワイゼン第1部テーマ

第2部。ハ短調。さらにテンポを落として、いかにもハンガリー的な逆付点リズム(タタッタタッ)が特徴的な歌謡風のメロディーをヴァイオリンが歌い上げていきます(下譜参照)。

ツィゴイネルワイゼン第2部テーマ

第3部。ハ長調。テンポをいきなり上げて威勢のいいテーマで始まります(下譜参照)。動きの激しい音楽の中でヴァイオリンが忙しく様々な奏法をしており、これは一度ライブで見たいところ。ヴァイオリニストにとってはまさに最高のプレゼンです。最後はさらに細かい音符でテンポを上げて勢いよく曲を終わります。

ツィゴイネルワイゼン第3部テーマ

オリジナルはヴァイオリンと管弦楽の編成ですが、ヴァイオリンとピアノで演奏される機会も多く、アンコール曲にも多く取り上げられています。

曲を試聴されたい方は以下でご確認ください.
(推薦mp3とは演者が違う場合もありますがご了承下さい)

収録CDをお探しの方はこちらでどうぞ.

画像かタイトルをクリックすると、Amazonのmp3ストアの、おすすめ商品説明の画面が開きます.
(番号はおすすめ順です.リンク先で曲の一部を視聴出来ます.)
1.

ツィゴイネルワイゼン(サラサーテ)
2.

サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン 作品20
3.

Sarasate: Zigeunerweisen, Op.20 - Moderato - Lento - Un peu plus lent - Allegro molto vivace



このサイトに関するお問合せは、メールアドレス endoy@yahoo.co.jp (@は半角で入力してください)へどうぞ.