小曲トップページ おすすめクラシック モーツァルト シューマンの交響曲 ハイドンの交響曲 組曲 楽しくクラシック 管理人紹介

おすすめのクラシック小品100

愛すべき小さな名曲を味わう.
是非聴いておきたいクラシック音楽の小曲を
おすすめmp3と一緒にご紹介します.


おすすめクラシックモーツァルトを聴くハイドンの交響曲シューマンの交響曲おすすめのクラシック組曲楽しくクラシック


ラデツキー行進曲(ヨハン・シュトラウス1世)


J.シュトラウスI世:ラデツキー行進曲

オーストリアの作曲家ヨハン・シュトラウス1世(ワルツ王のヨハン・シュトラウス2世の父)のラデツキー行進曲のご紹介です。
 曲名を間違えやすいのですが、「ラデッキー」ではなく「ラデツキー」です。毎年年明けのウィーンフィルのニューイヤーコンサートで、アンコールで必ず演奏され、その際繰り返しのところで満場の拍手となるのが恒例。しかしそれを知らなくてもどなたでも必ずどこかで聴いたことがあるであろう有名な行進曲です。

ラデツキーというのは人名で、オーストリアのヨーゼフ・ラデツキー将軍が1848年に北イタリア独立運動を鎮圧した功績を讃えて作曲されたもの。そういう軍事的な色彩が濃い曲でしたが、今は当のイタリアでもよく演奏される世界的な名曲になりました。

とにかく曲をちょっと聞いただけで行進したくなるような不思議な魅力を持っており、朝に聴いたら間違いなく元気が出るはず。

曲は、行進曲として一般的な三部形式です。
 「タタタッタタタッ」という特徴的なリズムの短くも印象的な前奏で始まります(下譜A)。主部での装飾音がついたテーマはおしゃれでかつ威厳があります(下譜B)。
 中間部は威勢のいい分散和音で開始され(下譜C)、リズム的には主部の後半部とリズム的に関係のある、音程に跳躍のあるテーマによって水が流れるような流暢な音楽になります(下譜D)。そしてまた冒頭の前奏に戻ってマーチが再現され、潔くバシッと気持よく終わります。

楽譜A(マーチ冒頭)
ラデツキー行進曲冒頭

楽譜B(マーチテーマ)
ラデツキー行進曲テーマ

楽譜C(中間部冒頭)
ラデツキー行進曲中間部冒頭

楽譜D(中間部テーマ)
ラデツキー行進曲中間部テーマ

曲を試聴されたい方は以下でご確認ください.
(推薦mp3とは演者が違う場合もありますがご了承下さい)

収録CDをお探しの方はこちらでどうぞ.

画像かタイトルをクリックすると、Amazonのmp3ストアの、おすすめ商品説明の画面が開きます.
(番号はおすすめ順です.リンク先で曲の一部を視聴出来ます.)
1.

J.シュトラウスI世:ラデツキー行進曲
2.

ラデツキー行進曲
3.

ラデツキー行進曲(ヨハン・シュトラウス1世)



このサイトに関するお問合せは、メールアドレス endoy@yahoo.co.jp (@は半角で入力してください)へどうぞ.