小曲トップページ おすすめクラシック モーツァルト シューマンの交響曲 ハイドンの交響曲 組曲 楽しくクラシック 管理人紹介

おすすめのクラシック小品100

愛すべき小さな名曲を味わう.
是非聴いておきたいクラシック音楽の小曲を
おすすめmp3と一緒にご紹介します.


おすすめクラシックモーツァルトを聴くハイドンの交響曲シューマンの交響曲おすすめのクラシック組曲楽しくクラシック


ヴォカリーズ(ラフマニノフ)


ラフマニノフ:ヴォカリーズ 作品34の14

ピアノ協奏曲第2番ハ短調でも有名なロシアの作曲家でありピアニストであったセルゲイ・ラフマニノフが作曲したヴォカリーズ(『14の歌曲集』作品34の終曲)のご紹介です。
 ”ヴォカリーズ”とある通り、もともとは歌詞の無い歌曲を指す一般名詞ですが、このラフマニノフの美しい旋律の曲はあまりにも有名で「ヴォカリーズ」といえばこの曲のことです。

ソプラノあるいはテノール歌手とピアノによる編成がオリジナルですが、種々の独奏楽器のために編曲されており、アンコールピースとしても頻繁に取り上げられます。
 ここではチェロ独奏のものを選びました。人間の声に一番近い楽器としての魅力が遺憾なく発揮されているからです。

曲は、自由な歌曲形式です。
 短い前奏に続いて甘くも哀しさの漂うメロディーが紡ぎだされていきます(下譜参照)。最初の動機はグレゴリオ聖歌《怒りの日》の歌い出し部分を借用していたり、途中でのチェロとピアノの絡み合い方の妙など説明は色々できるのですが、そういうこととは関係なく音楽にどっぷり浸れることが出来る曲です。

ヴォカリーゼテーマ

曲を試聴されたい方は以下でご確認ください.
(推薦mp3とは演者が違う場合もありますがご了承下さい)

収録CDをお探しの方はこちらでどうぞ.

画像かタイトルをクリックすると、Amazonのmp3ストアの、おすすめ商品説明の画面が開きます.
(番号はおすすめ順です.リンク先で曲の一部を視聴出来ます.)
1.

ラフマニノフ:ヴォカリーズ 作品34の14
2.

ヴォカリーズ(ラフマニノフ)
3.

ラフマニノフ: ヴォカリーズ Op.34 No.14



このサイトに関するお問合せは、メールアドレス endoy@yahoo.co.jp (@は半角で入力してください)へどうぞ.