小曲トップページ おすすめクラシック モーツァルト シューマンの交響曲 ハイドンの交響曲 組曲 楽しくクラシック 管理人紹介

おすすめのクラシック小品100

愛すべき小さな名曲を味わう.
是非聴いておきたいクラシック音楽の小曲を
おすすめmp3と一緒にご紹介します.


おすすめクラシックモーツァルトを聴くハイドンの交響曲シューマンの交響曲おすすめのクラシック組曲楽しくクラシック


ボッケリーニのメヌエット(ボッケリーニ)


ボッケリーニ:メヌエット 〜弦楽五重奏曲 作品13(11)の5 G275より

18世紀末のイタリアの作曲家、ルイジ・ボッケリーニの、弦楽五重奏曲ホ長調G275から、第3楽章のメヌエットのご紹介です。「ボッケリーニのメヌエット」で有名。
 当時はむしろチェロ奏者として有名でいくつかチェロ協奏曲を残しています。特に第9番変ロ長調G482が演奏会でもよく取り上げられます。聴けば、「あぁ、あの曲か!」と思うはず。

28歳の頃の作品。穏やかでありながら生気のある音楽で、出来れば全曲を聴いていただいたいと思います。

曲は、メヌエットとして基本に忠実な三部形式です。
 メヌエット部は、ゆらゆらと揺れるようなモチーフと跳躍音によってバランスのとれた、呼びかけとそれに応えるような主題で始まります(下譜A)。二節目で短調に傾くのが陰があって印象的です。
 トリオ部は、スタッカートで音階的に上昇するモチーフと水が流れ落ちるようなモチーフの対比による主題が中心になっています(下譜B)。楽譜では一括していますが各楽器に受け渡される面白い提示です。こちらの二節目はフワフワと揺れては戻すようなフレーズが特徴的です。

楽譜A(メヌエット部)
ボッケリーニのメヌエットテーマ

楽譜B(トリオ部)
ボッケリーニのメヌエットトリオテーマ

曲を試聴されたい方は以下でご確認ください.
(推薦mp3とは演者が違う場合もありますがご了承下さい)

収録CDをお探しの方はこちらでどうぞ.

画像かタイトルをクリックすると、Amazonのmp3ストアの、おすすめ商品説明の画面が開きます.
(番号はおすすめ順です.リンク先で曲の一部を視聴出来ます.)
1.

ボッケリーニ:メヌエット 〜弦楽五重奏曲 作品13(11)の5 G275より
2.

ボッケリーニのメヌエット(弦楽五重奏曲G.275 ホ長調 作品13(11)-5より)
3.

ルイジ・ボッケリーニ:メヌエット



このサイトに関するお問合せは、メールアドレス endoy@yahoo.co.jp (@は半角で入力してください)へどうぞ.