小曲トップページ おすすめクラシック モーツァルト シューマンの交響曲 ハイドンの交響曲 組曲 楽しくクラシック 管理人紹介

おすすめのクラシック小品100

愛すべき小さな名曲を味わう.
是非聴いておきたいクラシック音楽の小曲を
おすすめmp3と一緒にご紹介します.


おすすめクラシックモーツァルトを聴くハイドンの交響曲シューマンの交響曲おすすめのクラシック組曲楽しくクラシック


交響詩「フィンランディア」(シベリウス)


フィンランディア (シベリウス)

フィンランド出身のジャン・シベリウス作曲の交響詩「フィンランディア」のご紹介です。

題名が明らかな通り、愛国的な作品です。作曲当時(1899年)に帝政ロシアの圧政に苦しめられていたフィンランドの独立への願いを描いています。この強いメッセージ性に帝政ロシアが演奏禁止にしたほどでした。しかし、音楽からは血なまぐさいものは感じられず、人間の闘争と勝利という内面的なところが世界的共感を得ています。

曲の中間と終盤で登場する叙情的なメロディーは、「フィンランディア賛歌 (Finlandia-hymni)」と名づけられて、フィンランドの第二の国歌となっています。これを聞けば一度はフィンランドに訪れてみたいと思われるのではないでしょうか。

曲は、圧政に苦しめられる重苦しさを表すような重々しいテンポと響きで始まります(下譜A)。希望を持とうとしてもまたこの響きに遮断されながら進んでいくと、金管楽器のファンファーレにより闘争的なイメージの部分に移ります(下譜B)。冒頭のモチーフと組み合わされながら次第に明るくなり高揚していくと、テンポが上がって低音に5拍子のような律動が現れ(下譜C)、明るい勝利を呼ぶようなテーマ(下譜D)が登場して活発な動きになっていきます。盛り上がったところで急に曲調が変わって静かになり例の「讃歌」の部分に入ります(下譜E)。実に人懐かしいような旋律。これが広がっていくと活発な部分に再び戻って、終結部には先の「讃歌」が高らかに誇らしく演奏されて感動のうちに曲を閉じます。この爽快感。

楽譜A(冒頭)
フィンランディア冒頭

楽譜B(ファンファーレ)
フィンランディアファンファーレ

楽譜C(低音律動)
フィンランディア低音律動

楽譜D(勝利のテーマ)
フィンランディア勝利のテーマ

楽譜E(讃歌)
フィンランディア讃歌

曲を試聴されたい方は以下でご確認ください.
(推薦mp3とは演者が違う場合もありますがご了承下さい)

収録CDをお探しの方はこちら でどうぞ.

画像かタイトルをクリックすると、Amazonのmp3ストアの、おすすめ商品説明の画面が開きます.
(番号はおすすめ順です.リンク先で曲の一部を視聴出来ます.)
1.

フィンランディア (シベリウス)
2.

交響詩《フィンランディア》 作品26の7
3.

フィンランディア(シベリウス)



このサイトに関するお問合せは、メールアドレス endoy@yahoo.co.jp (@は半角で入力してください)へどうぞ.