おかえり.jp トップページ おすすめクラシック ちょっと楽しくクラシック ハイドンの交響曲 シューマンの交響曲 組曲 小品 管理人紹介

モーツァルトを聴く

モーツァルトこぼれ話

おすすめクラシック楽しくクラシックハイドンの交響曲シューマンの交響曲おすすめのクラシック組曲おすすめのクラシック小品


その2 4日で出来た交響曲

リンツの町並み

モーツァルトは早筆でも有名です。頭の中に完全に出来上がっている曲を、手で高速に出力しているかのようであり、常人には理解出来得ない超人的な仕事です。特に4日で仕上げたと言われる交響曲第36番「リンツ」は、とみに知られています。

モーツァルトが、妻と共にザルツブルグからウィーンへと帰る道すがら、リンツを経由した折にたまたま交響曲を手持ちで持ってなかったために、間に合わせに急遽作曲したのがこの曲です。

それにしても、手持ちでなかったからここで創っちゃおうという考えも破天荒(ある意味でいい加減)ながら、それを是とした貴族(ヨハン・ヨーゼフ・アントーン・フォン・ホーエンシュタイン伯爵の寛容さにも半分呆れ果てるところではあります(モーツァルトがさも曲を持ってきたようにハッタリをかましたのかもしれませんが)。ところがそんな中で出来たのがこんな傑作なのですから、凡人は頭を抱えてしまいます(笑)。

曲は4つの楽章で出来ています。

第1楽章は、ゆったりとしながらがっちりとした基礎を形作る序奏の後に、快速に風が吹き抜けるようなテーマ(下譜A)で開始されるソナタ形式で構成されています。第2テーマは属調のト長調の並行短調ホ短調で始まるという茶目っ気があります(下譜B)。提示部の終わりにバイオリンで演奏される、隙間を埋めるブリッジの役割をするフレーズ(下譜C)が展開部で自在に伸展されていくのは見事と言うほかありません。

楽譜A(第1楽章第1テーマ)
リンツ第1楽章第1テーマ

楽譜B(第1楽章第2テーマ)
リンツ第1楽章第2テーマ

楽譜C(第1楽章ブリッジフレーズ)
リンツ第1楽章ブリッジフレーズ

 第2楽章は、4日の作曲日数では有り余るような深い内容に満ちた楽章。ソナタ形式です。穏やかな第1テーマ(下譜D)と、激しいトランペットとティンパニの鼓動が特徴的な第2テーマ(下譜E)。展開部での低音の独り言のようなフレーズも印象的(下譜F)。きっと永年温めていた楽想だったに違いありません。

楽譜D(第2楽章第1テーマ)
リンツ第2楽章第1テーマ

楽譜E(第2楽章第2テーマ)
リンツ第2楽章第2テーマ

楽譜F(第2楽章展開部フレーズ)
リンツ第2楽章展開部フレーズ

 第3楽章は、ダイナミックかつ規律正しいメヌエット。トランペットも加えたリズムに反応する弦楽のちゃきちゃきとしたやり取りが楽しいです(下譜G)。中間部はカノンの要素も含んだなだらかな音楽になって、よい対照になっています。

楽譜G(第3楽章テーマ)
リンツ第3楽章テーマ

 第4楽章のフィナーレは、時間不足ながら精一杯曲を仕上げようと必死なモーツァルトの思いが感じられるような構成です。第1テーマは上述の通りスピード感溢れるもの(下譜H)。さらっとした第2テーマ(下譜I)の後で、第3テーマ(下譜J)によるフゲッタ(フーガの小規模なもの)などの玄人受けするような余裕のある展開もあって、創意あふれる提示部です。その割に展開部での分散和音によるフレーズを楽器を変えながら繰り返すところは、まさに効率第一の雰囲気です。ともあれ、こういう創作時間に追われるプレッシャーも傑作の動機になるという一つの事例でありましょう。

楽譜H(第4楽章第1テーマ)
リンツ第4楽章第2テーマ

楽譜I(第4楽章第2テーマ)
リンツ第4楽章第2テーマ

楽譜J(第4楽章第3テーマ)
リンツ第4楽章第3テーマ

曲を試聴されたい方は以下でご確認ください.
(推薦CDとは演者が違う場合もありますがご了承下さい)

交響曲第36番から第4楽章

今回も3つのCDを紹介します。

おすすめCDです.ジャケットかタイトルをクリックすると、Amazonの商品詳細説明の画面が開きます.
1.
モーツァルト : 交響曲第35番「ハフナー」&第36番「リンツ」
モーツァルト : 交響曲第35番「ハフナー」&第36番「リンツ」
2.

モーツァルト:「ハフナー」「リンツ」&「ジュピター」
3.
モーツァルト:後期交響曲集
モーツァルト:後期交響曲集

 1.はアーノンクールとロイヤル・コンセルト・へボウの華麗で力強いモーツァルト。ダイナミックな第35番(ハフナー)とのカップリングがお得。

 2.は1970年代の最も輝いていたカラヤンとベルリン・フィルのコンビの金字塔。勢いと力強さを感じるならこれに勝るものはありません。

 3.はカール・ベームがウィーンフィールを振っている名盤。2CDでこの値段は十分お得です。