おかえり.jp うれし懐かし80年代±5 ヒット曲 アイドル テレビ番組 ビックリ箱 侍ジャイアンツ 管理人紹介

ザ・ベスト・セレクション

うれし懐かし80年代±5

1980年代の懐かしいヒット曲やテレビ番組を中心に
歌謡曲、ニューミュージック、アイドル、さらに
アニメ、ドラマなどの話題で
おすすめCDやDVDと共にご紹介.

わすれじのレイド・バック

うれし懐かし80年代±5 メイン

少女と大人の女性との間を揺れ動く感性 〜 尾崎亜美 さん

おすすめは
↓以下をクリック↓

尾崎亜美 ベスト・コレクション
尾崎亜美 ベスト・コレクション


TWIN BEST

尾崎亜美さんです。自身での歌もさることながら、様々な女性歌手に素敵な歌をたくさん提供しているシンガーソングライターです。女性がもっとも華やぐ少女から大人への転換点をスナップショットしたような絶妙な期間の感性を生かした曲が多いです。

「春の予感~アイヴ・ビーン・メロウ」。これは南沙織さん(シンシア!)が歌っていました。春の目覚めのようなちょっとけだるいような眠たいような感じ・・・「春眠暁を覚えず」をポップな感じで表現したような曲と思っているのですがどんなものでしょう。

「ボーイの季節」。松田聖子さんがショートヘアで歌っていたのが印象的でした。少年のままの彼と、大人になっていく彼女である自分との「心理的な距離感」が絶妙に表現されていると思います。夏の曲ですが、強烈な清涼感が耳に残る名曲です。
 そういえば・・・「天使のウィンク」も亜美さんの曲ですね。

「21世紀のシンデレラ」。管理人としては一押しの曲。キラキラとしたイントロと、夢見るような間奏がよ〜く出来ています。飛び跳ねるような歌い出しと、一瞬の静寂を見事に活かしたサビの部分。ガラスの靴を「わざと」忘れたという、なんとも「粋」な歌詞。最も「21世紀」の女性を先取りした感覚を持っていた曲だと思ったものです。

他にも名曲がわんさか。言葉遊びのタイトルが面白い「愛に恋」、岩崎良美さんも歌った「ごめんねDarling」、ウーパールーパーが脚光を浴びることになったCMに使われた「Wuper Dancing」などなど・・・。テレビで亜美さんが歌う機会もそこそこあるのですが、なぜかあんまり目立たないことが多いような・・・本当にすごい人なのに。


↓iTunes Storeならこちらから(試聴可)↓

尾崎亜美 ベスト・コレクション - 尾崎亜美

↓mp3( Amazon )ならこちらから↓


<TWIN BEST 尾崎亜美