おかえり.jp うれし懐かし80年代±5 ヒット曲 アイドル テレビ番組 ビックリ箱 侍ジャイアンツ 管理人紹介

ザ・ベスト・セレクション

うれし懐かし80年代±5

1980年代の懐かしいヒット曲やテレビ番組を中心に
歌謡曲、ニューミュージック、アイドル、さらに
アニメ、ドラマなどの話題で
おすすめCDやDVDと共にご紹介.

わすれじのレイド・バック

うれし懐かし80年代±5 メイン

男臭さと無頼とダンディズムと 〜 アリス

おすすめは
↓以下をクリック↓


ゴールデン・ベスト


アリス -ベスト- / CD2枚組

アリスです。1970年代末から1980年代初頭にかけて活躍しました。
 谷村新司さん(チンペイ)、堀内孝雄さん(べーやん)、矢沢透さん(キンちゃん)による3人組。デビューは1972年で、1977年の「冬の稲妻」で大ブレイク。1981年に音楽方向性の違いで活動停止し、以後再始動を何回か経て今に至ります。男の生きざまをストレートに表現したような、年齢を重ねると”グッとくる”歌が多く、カラオケでも何曲かを十八番にしている方が多いのではないでしょうか。

「冬の稲妻」。
 ドラムから入る特徴的なイントロで始まります。2人でうまくハモればこれほどカッコいい曲はありません。後の歌にも結構出てくる吐息を出す部分が気分を盛り上げます。

「遠くで汽笛を聞きながら」。
 堀内孝雄さんの作曲する抒情的な曲の真骨頂。哀愁のあるイントロから、静かに入る歌い出しは、自己陶酔すること間違いなし。ツライことのある日にはバーボンでも飲(や)りながらじっくり聴いてみたいもの。

「秋止符」。
 これも堀内さんの曲。横山みゆきさんがシングルを先行リリースしていました。夏から秋への季節の移り変わりを歌にしたものはあまたありますが、これはやるせなさが半端ありません。これも静かにハモれる相棒がいると嬉しいですね。

他にも「チャンピョン」「夢去りし街角」「ジョニーへの伝言」「狂った果実」・・・。どこかに男の悲哀を感じさせる歌は今後も歌い継がれていくことは間違いありません。


↓iTunes Storeならこちらから(試聴可)↓

ゴールデン☆ベスト アリス - アリス