シューマンの交響曲トップ 第2番 第3番 第4番 雑学 リンク モーツァルトを聴く おすすめクラシック 管理人紹介

シューマンの交響曲を聴く

2010年に生誕200年を迎えた音楽家シューマン.
シューマンの交響曲に焦点を当てて
各曲とおすすめCDを一緒にご紹介します.


 このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人endoyのプロフィール紹介はこちらです.>>

おすすめクラシックおすすめクラシックストアモーツァルトを聴くハイドンの交響曲おすすめのクラシック組曲楽しくクラシック


シューマンの交響曲を聴く:交響曲第1番「春」

交響曲第1番 変ロ長調 作品38 「春」

華やかで楽しい春の宴のような若々しい交響曲

おすすめCDは以下をクリック


シューマン:交響曲第1&3番

シューマン:交響曲第1番&第2番

『春』という愛称の通り、晴れがましく楽しい、彼の最初の交響曲です。どこか素朴で馬鹿正直なところがあって憎めません。

第1楽章は、いきなり金管と木管で出されるファンファーレが鳴り響いて、この付点のリズムが全体を支配します。序奏の雰囲気は、ベートーベンの交響曲第2番の序奏にちょっと似ている感じ。シューマンの精一杯の誠意といったような真摯な展開の後で、ゆらめくような3連符の流れの中で加速して、付点音符が特徴の飛び跳ねるような第1主題に飛び込みます。第2主題もコデッタ主題も付点音符が支配します。そのまま統一感で押し通すのかと思ったら、コーダでは全然違う曲想が入り、さすがシューマンといった感じです。

第2楽章は美しいモノローグがしなやかにゆるやかに紡がれていきます。やはりこういった感じがシューマンの音楽の故郷なのでしょう。

それに比べて第3楽章のおどろおどろしさはすごい違和感があります。おいおいちょっと虚をつきすぎるんじゃあないの? と驚かしつつもすぐに楽しげに歌ってしまうシューマン。本当に憎めません。トリオもピアニスティックな微妙な味わいがあります。

第4楽章のフィナーレはシンコペーションが全体を貫くテーマです。いきなり飛翔するような全奏があったあとで、八分音符でちょこまか走り回る主題が入ります。これまたしばらく単純なリズムで押し通すと、ユーモアに満ちた第2主題がト短調で現れるのです。この唐突さも口をあんぐりといった感じ。よくもまあ交響曲で使ったな、と思うくらいの屈託のなさ。最後は華やかな分散和音の輝きの中で、この楽しいシンフォニーに終りを告げます。


シューマン交響曲第1番のCD検索(Amazon)   シューマン交響曲第1番のCD検索(楽天ブックス)

どんな曲か試聴したい方へ。第1番から第4楽章です。(Youtube)





このサイトに関するお問合せは、メールアドレス endoy@yahoo.co.jp (@は半角で入力してください)へどうぞ.