組曲トップ おすすめクラシック 楽しくクラシック モーツァルト シューマンの交響曲 ハイドンの交響曲 交響曲ランキング 管理人

おすすめのクラシック組曲

あるテーマを元に多彩な楽曲が連なる組曲.
是非聴いておきたいクラシック音楽の組曲について
おすすめCDと一緒にご紹介します.

管理人endoyのプロフィール紹介はこちらです.>>

おすすめクラシックモーツァルトを聴くハイドンの交響曲シューマンの交響曲作曲家別交響曲ランキング楽しくクラシック


交響組曲「シェヘラザード」(作曲:リムスキー=コルサコフ)

千夜一夜物語

 千夜一夜物語を元にした、リムスキー=コルサコフの傑作、交響組曲「シェヘラザード(シェエラザード)」のご紹介です。

 作曲者のリムスキー・コルサコフは「くまばちの飛行」という小曲でも知られていますが、なんといっても管弦楽法の大家として知られています。ベルリオーズやリヒャルト・シュトラウスと並んで、精密でバラエティに富んだオーケストレーションは驚嘆に値します。まるでオーケストラが一つの生きもののように感じられるのです。

 冒頭で圧倒的な力で提示されるのが王サルタン(シャリアール王とも)のテーマ(下譜A)、そしてそれを癒しなだめるような独奏ヴァイオリンのシェヘラザードのテーマ(下譜B)。王に殺されないように毎夜シェヘラザードが語った物語を音楽化したこの曲のあちこちでこの2つのテーマが登場し、物語の輪郭をかたどります。

楽譜A(シャリアール王のテーマ)
シェヘラザードシャリアール王テーマ

楽譜B(シェヘラザードのテーマ)
シェヘラザードテーマ

曲は以下の4楽章(交響組曲なので”楽章”といいます)から成っています。
 第1楽章 海とシンドバッドの船
 第2楽章 カランダール王子の物語
 第3楽章 若い王子と王女
 第4楽章 バグダッドの祭り。海。船は青銅の騎士のある岩で難破。終曲

 特に第2曲「カレンダー王子の物語」がおすすめです。シェエラザードの主題の後で、ファゴットがとぼけたアラビア風のテーマを奏し出します(下譜参照)。一度聞いたら忘れられない印象的なメロディーであり、一番好きなところです。これが得意のオーケストレーションで次々と受け渡されていくのが素晴らしいです。

シェヘラザード第2楽章テーマ

 写実的な音楽というのは賛否両論あると思いますが、メンデルスゾーンの「フィンガルの洞窟」やラフマニノフの「死の島」などと並んで、まさに聴く『映像』です。


どんな曲か試聴したい方はどうぞ。シェエラザード 第2曲「カレンダー王子の物語」(Youtubeより)


ジャケットあるいはタイトルをクリックすると、おすすめCD ( Amazonの商品 )の詳細説明の画面が開きます.
1.

R.コルサコフ:シェエラザード、他
2.

R.コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」

1.はカラヤン指揮のベルリン・フィルの盤石の演奏です。チャイコフスキーのイタリア奇想曲もカップリング。

2.はシャルル・デュトワ指揮でモントリオール響の演奏。充実したコンビによる丁寧で色彩感にあふれる内容です。





このサイトに関するお問合せは、メールアドレス endoy@yahoo.co.jp (@は半角で入力してください)へどうぞ.