2000年1月22日 軽井沢スキー場

参加者・・・藤黒 嵩 根岸 
一般参加・・・土谷
神立高原で活動予定だったのですが、AM7:00 関越道は事故で大渋滞!
即座に行き先を上信越道に切り替え、軽井沢スキー場に変更しました
上信越道に入ってからは順調で、すんなりAM10:30には到着しました

ゲレンデ内は比較的混んでいて、シーズン初の本格的なリフト待ちをしました
ゲレンデ内の人口密度は右へいくほど空いています(上級者専用の看板が立ててあるせい?)
午前中のおすすめは、一番右のコブ斜面と左隣りのフラットバーンです
さらに左のゲレンデは初心者お断りゲレンデで、いい感じに斜度があって楽しめます
そのコースをどんどん降りていくと、右端に大きなエアー台が!
ボーダー数人が楽しそうに飛んでいるのをみて、飛び入り参加してきました

私やメンバーの嵩さんがダフィーやスプレッドをかましている中
メンバーの根岸さんが、いきなりなにを血迷ったのか360!
本人曰く「テンエイティはいてんだから、飛ばなきゃダメでしょ!」 参りました…

この発言に対し、私もアドレナリン全開で360にチャレンジしましたが、見事に爆死…
360のコツとしては、踏み切るときに回転方向の肩を出して
空中に飛び出してから首を回転する方向に向けるとうまくいくようです
ただ、飛んでいる最中は自分がどこを向いているのか分からなくなります
練習しないと位置感覚をつかむのが難しいようですね

一般参加の土谷さんがショートスキーを新規購入して楽しそうに滑っていました
最初はよく転んでいたものの、午後には感覚をつかんでしまったようで、前ショートスキーヤー
根岸さんからお墨付きをもらっていました。次回からはエアーに挑戦してみて下さいね