データーキャッシュ

戻る

データーキャッシュとは

私本管理Viewerは、HTTPでアクセスできるサーバーや、クラウド(Dropbox、Google Drive、OneDrive)からデーターファイルを読み込むことができますが、検索のたびにサーバーやクラウドからデーターを読み込んでいると、通信量が多くなってしまいます。

そこで、サーバーやクラウドのデーターをいったん読み込んでAndroid端末に保存しておき、検索の際は保存したデーターを使って検索することで、サーバーやクラウドとの通信が発生しないようにすることができます。これがデーターキャッシュです。

データーキャッシュの有効化

初期状態では、データーキャッシュは無効になっています。
以下の手順で有効化します。

データーの保存(同期)

データーキャッシュは、最低一度はサーバーやクラウドからデーターを読み込んで、端末内に保存しておく必要があります。
以下の2つの場合に、データーを読み込みます。

サーバーやクラウドのファイルが更新されても、私本管理Viewerが保存しているデーターは、自動的には更新されません。
てきとうなタイミングで「同期を実行」を行い、新しいデーターを読み込んでください。

検索結果画面での同期状況の表示

データーキャッシュを行わない場合、検索結果の左上の表示は以下のようになります。
キャッシュなし

データーキャッシュを行っている場合は、検索結果の左上の表示は以下のように変わり、同期を行った日付が表示されます。
(下図の赤く囲んだ部分)
キャッシュあり

ローカルファイルの場合

もとのデーターファイルが、SDカードなど、端末に保存されている場合、そのデーターに関してはデーターキャッシュ機能は働きません。

戻る