登録逆順表示

戻る

操作方法

メニューから「登録逆順表示」を選ぶと、検索項目入力画面で現在選ばれているデーターファイルに登録されている本の、最も新しく登録されたものから順に、最大100冊まで表示します。

検索項目入力画面の「データー名」以外の項目は、入力の有無にかかわらず無視されます。
データー名で「--統合検索--」が選ばれている時は、登録逆順表示は出来ません。

登録逆順表示画面では、1画面に10冊ずつ表示されます。左右にフリック操作を行うことで、次の10冊、あるいは前の10冊が表示されます。

ご注意

私本管理Plusのデーターファイルには、本を登録した時の日時に関する情報がありません。新しく登録した情報は、データーファイルの末尾に追加されていきます。

登録逆順表示を行う際、私本管理Viewerは、データーファイルの末尾にある情報が最も新しいものと見なします。

したがって、例えばExcel等のソフトを使って、私本管理Plusのデーターファイルの並べ替えを行った場合、登録逆順表示で正しい順序で表示できなくなります。

また、データー名で「--統合検索--」を選んでいる時に、登録逆順表示が出来ないのも、上記の判断方法に由来します。

複数のデーターファイルがある場合、例えばデーターファイル1とデーターファイル2の、それぞれのファイルの末尾にある情報のどちらが最新かを、判断することが出来ないためです。

戻る